170401木野神社1

閉められていた防獣用の扉を開けて神社に向かったものの、拝殿の手前にも境内への侵入を防ぐためのフェンスが張られていた。
先に進めないので本殿に向かって手を合わせる。

どうにか境内に入れないものだろうか。

そう思っていたら、伐採作業で山に入っていたひとたちが作業を終えて戻るところだった。

「こんにちは。神社のなかには入れませんかね」
「向こうの方から行けるんじゃないかな」

神社の後方を指差しながらそう教えてくれた。

その場に向かったがやはりフェンスに囲まれている。
しかしよく見ると出入りができる場所があった。
ゆるく結わえられた針金を解いて境内に入った。

いったん先ほど参拝したフェンスのある場所に戻り拝殿へ、そこに鳥居からフェンスまでの歩数を足して95歩。
改めて手を合わせた。

じつはこうした光景は初めてではなく、この日は動物の気配こそ感じなかったけど防獣フェンスのすぐ向こう側にシカやニホンザルを目にすることもこれまで度々あった。
街で生活していると動物被害はニュースのなかの出来事で、実感することは難しいものだ。

神社を訪ねることは楽しい。
半面、その土地ならではの厳しい現実を見つめる旅になることもある。

写真は福井県美浜町。

170401木野神社5