190508山代神社2

「山代の郷。郡家の西北三里一百二十歩。天の下所造らしし大神、大穴持命の御子、山代日子命坐す。故、山代と云う。即ち正倉有り」

山代の郷について「出雲国風土記」にはこう書かれている。

地形図によれば山代神社は、出雲国府跡の西北方向、神名樋野と呼ばれる茶臼山西側に古墳群や山代郷正倉跡近くに鎮座している。
神社がある場所の町名は古志原で、松江駅から南に向かい小山を二つほど越えたところである。

余談だけど、松江でゆいいつお世話になった自転車店が古志原にある。
松江到着以前に名古屋の自転車屋さんでチェーンとサドルは交換してもらっていたが、ブレーキパットだけは在庫が切れていた。
ちょうど五月の大型連休前、部品が入るのは連休後になるという。
そのころには松江にいるから、帰宅してからお願いすることにしていた。

そういうときに限って調子が悪くなるもので、松江での生活が始まってすぐ、前輪のブレーキの甘さが気になるようになった。
ブレーキが効かないわけではないけど、レバーを力強く引っ張るとハンドルに触れてしまうようになった。
そこで事前に調べておいた松江市内の某店を訪ねると、「忙しい」との理由で他のお店を紹介された。
それが古志原にある「サイクルショップ・ヴィレッタ」だった。

自転車を持ち込んだときはブレーキパッドの在庫がなかったので取り寄せてもらい、ついでにブレーキオイルの交換もお願いした。
おかげでアップダウンのある道、とくに下り坂での制動力の不安は解消された。

今回の旅では、自転車に関するトラブルは自分で直せるものからお店に依頼するものまで様々。
なかでもブレーキはタッチの軽さから油圧にしたのはいいけど、トラブルが起きると素人の僕にはお手上げである。
僕が乗るFATBIKEのブランド、サーリーの完成車のブレーキが油圧ではなくワイヤー引きである理由、つまりトラブルがあっても対処が簡単なこと、それが痛いほどよく分かった。

お世話になった「サイクルショップ・ヴィレッタ」からほど近い場所に鎮座する山代神社。
国道432号線の道路沿いに社名が刻まれた標柱が立っており、境内へはその横の細い道を奥に向かって歩いて行く。
途中に立つ鳥居をくぐると拝殿まで100歩、まずは参拝。

丘の中腹のような場所に鎮座する大社造の本殿。
その裏手には木々の根元に御幣がさしてあったり、小祠や石塔の周囲にも同じような御幣がさし立てられていた。
神社といっても本殿にまつられる神さまだけでなく、神社という聖地、その土地自体が祭祀の対象になっているようにみえる。
これも出雲独特のまつり方なのだろうか。

写真は島根県松江市。

190508山代神社5