八月に入って二回目の古社巡礼。
夏の青春18きっぷ期間に入り名古屋より西の近江国が続いていたので、気分をかけて東の遠江国へ。

早朝五時に我が家を出発。
これまでの酷暑がウソのように早朝に吹く風が涼しい。
最寄りのJR尾頭橋駅前で輪行して電車に乗り込むが、車窓を眺めてぼーっとしようと思い窓側にひじをつけるとやけに冷たく感じられた。

事故の影響で目的地である六合駅到着が少し遅れたものの、FATBIKEを組み立てて出発。
天気は上々。
それだけでも最高のサイクリング日和だが、それにも増して暑くないのだ。
もちろん日差しが強くなる昼ごろは気温が上がったと思うけど、一週間前の体が溶けてしまうような四十度近い暑さと比べれば、どうってことはない。

朝は十時近くに走り始め、十七時に掛川駅に到着。
予定していた神社へは一社を除いて順調に回ることができた。

新聞の天気欄を見ると最高気温は当分三十度少々で推移する模様だ。
夏は暑い。
だけど暑すぎない昨日のようなサイクリングに幸せを感じた。