ウイークリータイプ「レオパレス」は残念ながら島根県では営業していなかった。
仕方なく振り出しに戻りほかの方法を当たってみることにした。

その前に期間をどうするか。
休職期間は六月末まで。
島根から帰って即、仕事のことを考えるのはいくらなんでも酷。
数日の余裕は欲しい。

かといって「平成」から「令和」への改元がある今年のGWは十連休。
連休にはまってやりたいことができなくなっては元も子もない。

そうこう考えた結果、出発を連休終了翌日の五月七日に、帰宅を一ヶ月後の六月七日に設定した。
梅雨の時期にかからないかという心配がないではないが、そこは出雲国の神社を訪ねる旅である。
出雲の神さまのご加護があるはずである。
God bless me! 

居場所探しの続き。
「レオパレス」断念後、「Airbnb」やゲストハウスの類いものぞいてみたけど、島根県は少なかった。
出雲大社という神社界の大御所が鎮座する県にも関わらず、検索結果は山陰ではなく山陽の広島が多数出てくる始末。
だめこりゃ。
民泊も四十五歳のおっさんをFATBIKE込みでひと月も面倒見てくれるところないだろうと最初から諦めていた。

せっかくの休職期間。
人生折り返し地点のバカンスを無為に過ごすことだけはしたくない。

それにしてもこの日本には島根に短期滞在したいひとがこれほど少ないとは思いもよらなかった。
僕が変わり者であることは承知している。
でも人口減少が叫ばれているとはいえ広い日本だ、
いないのかよ! 変わりモンよ...

結局、もう一度「島根県 短期滞在」で検索することにした。
もしだめだったら観光協会にでも尋ねてみよう。

検索結果をスクロールしていると結果とともにマンションのような建物の画像が出てきた。
ここはどうだろう。
大手「レオパレス」がだめだったことがトラウマになっていたので、期待薄でリンク先をクリック。
「エリアワン松江駅前」という場所。
もちろん聞いたことはない。

そもそも近年、数日間の旅をのぞいて短期滞在なんて経験ないし、仕事の出張(前の仕事で島根に来たんです)はここ十数年ない。
だから旅の宿泊といえば「東横イン」、もしくはペーパー会員のユースホステルくらいだ。

そんなことはよい。
「エリアワン松江駅前」について早速チェックしてみた。
場所は松江駅から徒歩三分、しかも期間は一ヶ月というような中途半端な期間でも受け入れは可能のようだ。
五月七日からの空室を検索したところ、複数あるなかで残りひと部屋以外はすべてうまっていた。
幸い空いていた部屋について問い合わせたところ、早速見積書がメールで届いた。
ここがだめなら土地勘のない島根県、あとがないと思ったのですぐに部屋をキープするべく申し込みのメールを返信、どうにか居場所だけはなんとかなった。