一年ぶりに飯田線に乗った話を書いたのは目的地に到達する前に車内でのこと。
そのときはそれから大変なことが待っているとはつゆ知らず、のんきなものだった。

十時五十八分に向市場駅到着後、駅前でFATBIKEを組み立てていると、いつの間にか近所のおじさんが傍でその光景を見物していた。

「山住神社まで行くんかね。神社は頂上にある。五度は低いよ」

十一時十五分に駅出発。
FATBIKEに乗って行けたのはそこから三十分もたたないところまで。
延々続く坂道に変速機がない我が愛車では歯が立たない。
駅で出会ったおじさんは「三十分くらいで着くよ」といっていたがそれは車での話だろう。
三十分どころか一時間経過してもなお山頂は程遠い。

背中に降り注ぐ日光。
シャツは汗だく。
こまめに休憩をとりながらFATBIKEを押して歩く。
幸い山頂近くには湧き水が出ていたので頭からかぶり顔じゅうの汗を落とし、ミネラル分が多い水は水筒に確保した。

しばらくすると山頂に到着。
山住神社は遠江国周智郡の茅原川内神社の論社である。
参拝後、向かい側の茶屋で団子とお茶をいただき、これの先のことを考えた。
当初、森町方面の神社を訪ねる予定でいたが、山頂到着時、すでに十三時を回っていたのでそこからさらに50kmを走るのは体力的に無理と判断。
スーパー林道から秋葉神社経由で浜松まで走ることにした。
途中、疲れたら西鹿島から遠鉄線に乗ることも可能だ。

「少し登るけど、そのあとはずっと下りだから、こがんでもいいら」

茶屋のおじさんの言葉を信じていざスーパー林道へ。
確かに三十分ほど登ったが、峠にさしかかると一気に下った。
が、しばらくすると下りも落ち着き、再び登り。
登っては下り、を繰り返す。

気温は低く、山頂付近ではツクツクボウシやヒグラシといった秋のセミが盛んに鳴いていた。
すると突然、霧が立ち込めてきた。
時折、太陽が顔を出していたが、そのうちポツッと落ちたかと思うと次第に雨足が強くなった。
雨宿りできそうな場所はなく、葉っぱが密に茂った木の下に潜り込んだが、雨足の強さは木の下も侵入してきた。
ネットが繋がらないから雨雲レーダーで確認することができない。
ここで待つしかないのか、それとも行こうか。
時間は十五時過ぎ。
一か八かで外に飛び出し、大雨をモロに受けながら走った。
登り坂も立ち漕ぎで一気に上がる。
頭から足先まで強い雨を浴び、ビショビショになった。
それでも所詮、通り雨だ。
しばらく行くと日差しが現れ、そのうち道路には雨が降った痕跡すらない場所に出た。
もう少し早く進めていたら濡れずに済んだかもしれない。
だがその先も登ったり下ったりの繰り返しで、ついには「また登りかよ」と強い語気の言葉が口から出た。

状況が変わったのは秋葉神社本宮の鳥居が見えてきたころだ。
茶屋のおじさんの言葉はここからではないかと思うほど、一気に里に下った。
落石や側溝の蓋があったりするから舗装路とはいえかなりのラフ具合。
FATBIKEにはうってつけのコースだった。
そしてとうとう里に出た。
そこからは川に沿って走っていけば浜松の市街地に到着する、はずだった。

昨年訪れた西鹿島駅を通り過ぎたころだった。
後輪がやけに重い。
気のせいかと思ったがだんだん重くなってくるので止まって後輪を確認したところ、大変なことになっていた。
緩んだハブのナットがいつの間にか、クイックレリーズのナットとフレームを挟んで絞めあっていたのだ。
少し緩んでいたのは知っていたけど走りに支障がないのでそのままにしていた。
それが下り坂の振動でさらに緩み、最終的には絞めあう状態になったのだ。

このままでは走れないので遠鉄線で輪行することにして駅に向かった。
その前にタイヤが外れるかどうかと試してみたが、かなりきつく絞めあっているので工具がないと外せない。
駅に着き、何度かトライするものの自力ではまったく歯が立たない。

その状況に途方に暮れた。
タイヤを外せなければ輪行は無理だ。
このままでは帰れない。
かといってここにい続けることもできない。
だが無理を承知で輪行してみることにした。
後輪はそのまま、前輪とハンドルを曲げて袋に収めた。
後輪は半分出てはいるが、ギア部分は輪行袋の先端で隠してお茶を濁した。

遠鉄線に無事乗り込んで新浜松へ。
JR浜松駅ではひとが多すぎてインチキ輪行も気づかれず無事構内へ。
豊橋行、米原行ともになんとか車内に持ち込み、最後は地下鉄で自宅まで持って帰ることができた。

ハブトラブルは出雲でもあったがここまでひどくならなかった。
そろそろ寿命かな。
それを思い知る機会となったわけだが、相当冷や冷やしたので、もうこんな経験ごめんである。

坂からハブトラブルまで、大変な一日だった。