170729兵主神社1

製鉄神をまつるという兵主神社の名前は式内社を巡るようになって、関連の本を読んだりするなかで度々耳にするようになった。

近江国なら伊香郡にも同名の神社があるが、野洲郡の兵主神社は延喜式神名帳の名神大社。
由緒によれば創建は養老二年、境内地32,463屬箸い錣譴覿内はかなり広い。

社名が書かれた標柱と鳥居が立つ場所でFATBIKEを下車、そこから押して歩いて境内へ。
隣接する学校に面した参道を歩いていると、スポーツの試合が行われている日曜日の校庭に応援の声が響いていた。

途中、天文十九年に建立された楼門をくぐり拝殿まで540歩、さすがは参道の長さが300mといわれるだけある。
まずは参拝。

天保十三年建立の拝殿は中央の拝殿一棟と左右の翼楼二棟とが組み合わされた荘厳な建物。
その横から拝殿内をのぞくと桧皮葺・流造の社殿が鎮座していた。

休憩室に入ると水戸黄門に出演していた役者の写真が飾られていた。
時代劇大好きな僕は思わず見入ってしまった。
庭園や池などもある広い境内で撮影が行われたようだ。

写真は滋賀県守山市。

170729兵主神社3