我が家では朝食と夕食時にはお茶を出すようにしている。
近年ペットボトルのお茶が手ごろに飲めるようになり、家庭でも急須に湯のみスタイルで飲むひとが減っていると聞いたことがある。
しかし、我が家ではペットボトル入りの水は買うけどお茶は買わない。
やっぱりお茶くらい急須で煎れたものを飲みたい。

ところで最近、封を開けた緑茶の賞味期限が切れてしまった。
切れる前、すでに緑茶独特の渋みを感じられなくなってしまっていた。
そんなとき、以前ならほうろくを使ってほうじ茶にしていたのだが、二つあるほうろくはコーヒーの焙煎に使っていたのでなかが真っ黒。
代役に卵焼き機を使ったら妻に注意された。

そこで考えついたのがアウトドアに持っていくシェラカップ。
深型で一合くらいならご飯も炊ける代物だ。
そこに茶さじでひとすくいの茶葉を入れて火にかける。
そのままにすると葉が焦げてしまうので左右にゆすってやる。
シェラカップのなかで、新緑の季節から一気に秋が深まっていくように緑から茶色に変身。
と同時に香ばしい香りが立ち上る。
そう、商店街にあるお茶屋さんの香り。
一分くらいでおいしいほうじ茶に生まれ変わった。

ただこれ、お茶がおいしくないとき限定の楽しみ方。
おいしいときは緑茶として味わうのが一番である。