090701下本町7








笠松-2
所在地:笠松町下本町  
    Kasamatsu-cho shimohonmachi
祭 神:秋葉
場 所:屋根(杉山邸)
向 き:東
地 図笠松町の屋根神さま所在地
祭礼日:正月、10月18日
氏神社
メ モ

・09年7月1日
 現在、笠松町でおまつりされている唯一の屋根神さまです。本町通にはかつては数社が屋根におまつりされていたと聞きましたが、残念ながらこの一社を除いては消滅もしくは下に降ろされました。
 かなり大型の流造の社ですが、元々は下におまつりされていたようです。近所の方に話をうかがいました。「これはね、もともとここにあったわけではなくて、点々としていたんだわな。もっと南側にあったんだけど、そこを新しくしたから今度は北側に移ったんだけど、この家(杉山邸)が(笠松)町に寄附されたもんだから、いまのここに移ってきたんだわね。二〜三年前のことだよ。他の町内は『土盛り』の上にまつってみえるけど、ここは商店街やもんで、場所がないでしょう。だから屋根に持ってきたんじゃないかな。
 神さまは秋葉神社、おまつりは年に二回。正月はしめ縄飾ってちょっときれいにしてね。神主さんもみえます。正月前にやるわね。きれいにして正月迎えるということだわね。あと、10月18日だったかな。そのときもお参りするけど、といっても町内の人がお参りするくらいだけどね。月のおまつりはありません。
 いまは屋根神さまはここだけになっちゃった。少し前まではあっち(北側)の方にもあったけど、土地ができたでっていって移したけどね。どうしても預かりもんだからね」
 また笠松町の民俗資料館でも話を聞くことができました。それによると、商店街の屋根を点々とする以前、かつて堤防上の道をはさんで民家が建ち並んでいましたが、平成7年までにすべてを取り壊しました。まだ家が並んでいたころに川へ降りる石畳のある辺りにこの社がまつられていたそうです。それが堤防工事の影響で、商店街側に移り、各屋根を点々とし現位置に落ち着きました。

090701下本町6090701下本町1