今から18年前の平成4年(1992年)に「なごやの屋根神さま」という写真集を自費出版したときのいきさつをお話しいたします。モノクロ印刷の写真集を500部印刷したのですが現在3冊だけ残してあって、これは門外不出でだれにもお分けしておりません。それでも年にひとりかふたり「屋根神さまの写真集ないですか」という電話がかかってくるんですけど、「手元に3冊だけ残して、これはだれにもお分けできないんです。各区の図書館に行けば見ることができます」といいましたら、「図書館で見て、欲しいと思った」とおっしゃる方がありました。今となっては私にとって大変貴重な写真集です。

 これに関連して、久屋大通の東側に「エーデルワイス」という喫茶店があるのですが、そこの亡くなられたマスターが写真好きで、コーヒーを飲みながら本棚に置かれた写真集を見ることができるようになっています。じつはこの喫茶店のあるビルの屋上に屋根神さまがおまつりしてあります*。近所にあった神さまを引き取ってビルの屋上におまつりしており、その写真も写真集に収録してあります。ビルの屋上にあるのはお稲荷さんが多いのですが、エーデルワイスの屋上の神さまは屋根神さまなんですね。それで写真集ができたときに一冊差し上げました。喫茶店の本棚に置いてくれてたのですが、しばらくして行くと「山地さんの写真集、いつの間にか盗まれましたよ」といわれました。手元には3冊しかないので補充はできません、とお話したことがあります。

*屋上の屋根神さまは昨年10月ごろに撤去されたそうです。

※2010年3月6日に開催されたセミナー「残そう! 屋根神」の講義録を連載形式で掲載いたします。