こうして興味を持ったもののそれまで屋根神さまのことを知らなかったものですから、まず知りたいと思って図書館に行き探し当てたのが、芥子川律治さんの「屋根神さま」(文化財叢書)という小冊子です。この本には現存する屋根神さまの一覧があり、昭和51年6月現在、名古屋市内で244ケ所が記されています。西区内は129軒で市内でも一番多い。
 その本を頼りに昭和63年(1988年)からこの本に載っている場所を地図で照合しながら、暇を見つけてはカメラ片手に屋根神さまを撮り歩きました。 芥子川さんの本に載っている住所は町名が変更になっていて照合が大変でしたし、なくなったものが数多くありました。本には載っていないもので自分の足で調べ歩いたり知人から教えてもらったりしたところもあり、丸三年かかって221ヶ所を収録した写真集を出版しました。 

※2010年3月6日に開催されたセミナー「残そう! 屋根神」の講義録を連載形式で掲載いたします。