ーさて、本日は高橋さんから貴重な写真を提供していただきました。これはいつごろの写真ですか?

 昭和36年9月ころだと思います。

西-19












ー先ほどの写真に比べると神さまのある位置が高いような気がしますが、まつる場所は移動されたんですか?
 地図で説明しますと、かつては交差点の近くにあったわけです。(道路に)歩道がつきましたが、そこには昔、長屋があった位置なんですね。長屋が10軒、それも今、数を勘定すると何軒だったろうといいうことで、たしか10数軒ありました。まんじゅう屋さんもありましたしね、それから今の美栄堂が化粧品屋をやっていました。その隣に八百屋さんがあって、その隣に自由堂があって、その間に屋根神さまがあったんです。それが道路拡張によって屋根神さまを移動せなならんし、(社は)大正時代のままだから、作り直したらどうだと。私の家の隣に線香屋さんがあったのでその上に作ったらということだったのですが、作った後に、現在の場所に変わってきました。
ーこの写真は社を作って間もないころということですか?
 作って、今の浅間神社、うちの氏神さまですわ、先代の神主さんに来ていただいて初めてご祈祷していただいています。当日はここで神主さんを呼んで、町内の者が全員寄ってお祓いを受けているというわけです。

※2010年3月6日に開催されたセミナー「残そう! 屋根神」の講義録を連載形式で掲載いたします。