ー先ほどの写真では社が高い位置にありましたが、現在の写真では低い位置にありますよね。これはどういうきっかけでこちらにおまつりするようになったのでしょうか?
 私自身、今となっては不思議なんですが、先ほどの作ったばかりの写真を見ると、はしごがすごく長いですよね。こんな危険なもの、よう皆さん承認したなぁと、思うわけです。だからできて半年足らずで、これではやれんもんで、とてもじゃないけど1、15日のおまつりをするわけにはいかんからということで、その当時の(町の)幹部の方がもういっぺん作り直しするわといいました。今の私の隣の所(現位置)に移したわけです。

ー次に神さまの祭礼日について教えてください。
 祭礼日は1年間で三十回あります。1月は元日、2、3日と15日、2月、3月、4月、5月、6月、8月、9月、11月はそれぞれ1、15日、7月は1、15日と津島さんのおまつりを23日に行います。今では津島神社でのおまつりは土日にやられますね。津島さんは土日でやられても、我々が同じ日にちにやると分かりにくくなりますから、先輩が決められて23日という形でやっております。10月はですね、4、5日が冨士浅間神社の大祭ですので、これは2日間続けてやるわけです。12月は秋葉さんが16日にありますもんで三日間ですね。しめて一年間計算しますと三十日やってます。

※2010年3月6日に開催されたセミナー「残そう! 屋根神」の講義録を連載形式で掲載いたします。