110901北区清水白龍1

北-8
所在地:名古屋市北区清水
    Nagoya-shi Kita-ku shimizu
祭 神:秋葉・伊勢・津島
場 所:堂内
向 き:東
祭礼日:正月・大祭(5月)
氏神社:杉の宮
地 図:北区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ:白龍夫婦竜神内

・11年9月1日
 知り合いから「北区に屋根神さまがある」という情報を得たので、大雨が降りしきる中、現場に行ってきました。場所は地下鉄黒川駅の南東、北区役所の東側。付近には高速道路のインターチェンジや大型のパチンコ店など、一見すると大きな“箱物”が多い印象ですが、東には旧稲置街道や城東通も通っており、通りをはさみ住宅地が連なる地域でもあります。
 目指す屋根神さまは「白龍夫婦竜神」と染められた白い幟が建ち並ぶ小公園の隣、朱色の鳥居が立つ堂内にあります。初めて訪れると白龍さんと間違えたのかなと思ってしまいそうですが、正面右側を見ると地面から数十センチ上に三社用の神棚が置かれており、さらに社の上には向かって左より「秋葉神社」「天照皇大神宮」「津島神社」と書かれた三つの札がかけられています。到着したのはちょうど午前8時くらいで、写真を撮っていると後ろ側で何やら話し声が聞えてきました。振り返ると堂の入口付近に女性たちが集まってきました。白龍さんの当番のようです。

110901北区清水白龍3

「昔はね、北側の角の木の中に小さな石のようなものが入っていて、それが白龍さんだったと記憶してます。いまではこうして立派におまつりされるようになりました」
「ここに来てから、もう10年のようになるかね」
 この白龍夫婦竜神は「三北町内会」が維持・管理しているそうです。そのためかこの堂の主神である白龍さんについては当番のひともそれなりに知識として知っているようですが、私の知りたい三社については「よく分かりませんね」とあまり芳しい答えは帰ってきませんでした。
 堂の掃除を済ませると白龍さんの名前の書かれた提灯を二張り左右に吊るし、供え物をして各自お参りします。三社の神さまの神前には榊、お神酒、塩などが並びました。再び写真を撮らせてもらってからもう一度三社の神さまについて尋ねました。
「確かね、むかしはどこかの家にあったような気がしますけど。ここを作ったときに一緒におまつりするようになったみたいです。いまでも一年に一度はお札を受けにいきますよ。おまつりは5月の大祭のときとお正月にね。神主さんに来ていただいてお祓いもしていただいております。だいたいどこの町内もこうした神さまはおまつりしているんじゃないでしょうか。南には屋根神さまありますよ」
 残念ながら、こちらの神さまのルーツが屋根神かどうかは分かりませんでしたが、かつては白龍さんとは別の独立したほこらとして町内、もしくは隣組でおまつりしていたのかもしれません。
110901北区清水白龍2110901北区清水白龍4