めったに行くことができない東北だから自転車を持っていけば効率よく回れるはず...

折り畳めば小さく持ち運べる自転車を持参した今回の旅。
道祖神がまつられているような町の中心から離れた地域へは、その場所に行くためにもローカルな交通手段が必要になってくる。
本数の少なそうなバスを待つ時間を移動にあてればひとつでも多く道祖神に出会うことができる、そう思っていた。

iPhoneを取り出してあらかじめチェックしておいた数カ所を確認しながらまわる。
その積み重ねが、旅情を味わうよりもいつしか数をこなす「作業」になっていた。

仙台では雪や雨に降られなかったことも幸いし、効率よくまわることができ、まさに自転車さまさま、といった旅の前半だった。