用事のない日曜日に妻と休みが重なるのは久しぶりだった。
こんな日の朝はゆっくりだらだらと寝ていたい。

午前七時を回ったころに僕だけ先に起き出しておもむろに朝食の準備に取りかかる。
卵をゆでている間にコーヒー豆を挽きながら、いただきものの食パンでトーストを焼く準備をする。

遅めの朝食をゆっくり食べたあとは特に目的はない。
布団を干したり洗濯したり、風呂掃除をしたり掃除機かけをしたり。
それぞれの家事をこなし終わったあとは買い出しである。

特別な用事のない日曜日である。
こんな日の昼食はワインでも傾けたい。

冷蔵庫にレバーパテがあるからバケットに塗って食べようか。
ならおいしいパンが欲しい。
わが町のパン屋さんは日曜定休なので、寒空の下、自転車にまたがって若宮大通沿いの「パンドール丸武」へ向かった。

お店に入り店内を見渡したがバケットはなかった。
代わりでもいいかと思っていたらご主人が焼きたてのをたくさん並べ始めた。
なんとタイミングがいいのだろう。

仕入れを済ませて次に向かうのは我が家からほど近い地元系スーパー。
店内で焼いているローストチキンがお値打ちだったのでカゴに入れた。
「EU関税撤廃」と銘打って売られたスパークリングワインも買い込んで早速我が家へ。

台所で細かく切ったバケットにレバーパテを塗って、その場でワインを乾杯。
あえて狭い台所にこもってやる一杯。
酔いつぶれても帰らなくてもいいし、居室で横になればいい。
そんな安心感に幸せを感じるのだ。