統一地方選前半戦が終了した。
一昨日の投票日までほぼ毎日、熱い選挙戦が展開された。

少し前に実施された県知事選と違い今回は市議・県議選。
区ごとに選出されるため選挙運動のエリアが狭い。
瑞穂区の実家に住んでいるころは家が大通りや交差点から離れた住宅街にあったので宣伝カーは滅多にやって来なかった。
聞こえたとしても遠くからかすかにウグイス嬢の声が届く程度だった。

それがいま住んでいるマンションに引っ越してきてから180度事情が変わった。
我が家は地下鉄駅のある交差点に隣接するマンション、しかも大通り沿いにある角部屋。
窓から陽光が射し込むのが他の部屋にないメリットだけど、その分、車の通行音や信号待ちのアイドリング音が半端ない。
引越してすぐはその音に慣れず寝ていても音が気になって目が覚めてしまうこともしばしばだった。

朝八時、交差点に止められた宣伝カーから「おはようございます」と第一声が響き渡る。
日中は代わる代わる各党の演説があり、夜八時に「ありがとうございました」と締めくくる。

うるさいといってしまうと選挙戦を戦う候補に失礼だけど、よくいえば知らず知らずの間に演説内容が耳に入っているおかげで、普段政治の話をしない我が家でもどの候補者がよいかという話題が出るようになった。

選挙戦が終わったいま、静かでほっとする半面、寂しさを感じるのも交差点近くに住むからだろうか。