仕事を休んで療養中ということになっている。
だけど実際はすごぶる元気である。

いままでできていた早起き(午前四時半)ができなくなったことは痛いのでなんとかしないと、とは思う。
けどそれ以外、体調の悪さなんかを感じることはない。
昨年末からずっと風邪気味だったけど、気がつけばそれらしきものはどこかへ消え去ってくれた。

でもひとつ厄介なことがある。
休職前までは社内的な事務仕事をこなしながら現場の仕事にも出ていた。
責任者につく以前ほどではないけど外を歩くことが多かった。
最盛期には歩数計で毎日一万歩を超えていた。
それだけ歩いていたから四十代になってもお腹周りを気にすることはなかったのだ。

「健康のために歩いてみたら」

これまで結構な距離を歩いていただけに、休職になって歩かなくなったでは自分の健康に関わってくる。
だから妻のアドバイスで今朝から歩くことにした。

プランとしては、妻の出勤に合わせ熱田区の自宅から金山駅まで一緒に歩き、僕はそのまま大須まで北上。
観音さまに手を合わせて帰宅を毎日繰り返すというもの。

初日の今日は張り切って、その後に熱田神宮まで歩いてしまったが、あまり無理すると楽しみが苦痛になってしまう。
風は強かったけど、早足で歩いたら背中が少し汗ばんだ。

朝のウオーキング、これっていいかも。