いま僕はパソコンのキーボードを打ちながら、すぐ左側にあるモノを横目でちらみしてニタニタ笑っている。
昨日注文したポメラ(DM200)が届いたからだ。
パソコンでポメラと打つと候補にポメラニアンと出てくるけど、もちろん犬ではない。
キングジムという文具メーカーが出しているデジタルメモである。

デジタルメモとはいうが見た目は小型のモバイルパソコンのような姿をしている。
実際、二つ折りの筐体を開けるとパソコン同様、正面にディスプレイがありその真下がキーボードになっている。

初代ポメラはキーボードが折りたたみ式になっていて、ギア好きの僕としてはいままで見たこともない機構とネット通信機能を持たない点に潔さを感じた。
その名の通りメモをする、つまり文字を打つ専用機である。
だから純粋に文章を書くのに重宝する。
最初にポメラを目にしたとき、これ旅に持っていける! と心躍ったものだ。

とはいっても機能の割には高額なため予算的に厳しく、買わないままかれこれ数年が経過したが、その間ポメラは進化した。

初期型の折りたたみ式キーボードタイプと折りたたまないタイプの二種があり、
僕が買おうと決めたのは後者。
縦書きの原稿用紙を設定できる点とUSB経由で充電ができる点が大きな要因である。

時間がある休職中に、島根県に滞在しながら出雲国の式内社を回りたいという夢がある。
その旅の相棒として早く使いこなせるよう、明日から猛特訓だ!