五年前の記事を改めて読み直した。
2014年の産経新聞の記事「スタバ『ゼロ』鳥取の屈辱 山陰2号店は再び『島根』で鳥取爛灰鵜瓠

そういえば名古屋にいたときに聞いたことがある、山陰のスタバ誘致合戦。
他人事のように聞いていたニュースだけど、その舞台に行くとは思わなかった。

午前六時半、家を出ようとしたら小雨が降っていた。
スマホでahoo!天気を確認したところ、数時間後には大きな雨雲が島根県全体を覆おうとしている。
これでは走りに行っても降られてしまう。

そう思うとやる気は失せて、いったん家に戻ることにした。
すべてを万全にして出発したのに雨で拍子抜けしてしまったのだ。
そこでコーヒーでもと思い、我が家から近いスタバに行くことにした。

歩いて五分ほどの駅建物のなかにあるスタバ「シャミネ松江店」
前出の記事で知ったが、同店は2013年3月27日にオープンした山陰1号店。
ちなみにオープン当日、スタバの国内店舗のオープン初日の売り上げとして過去最高を記録したというお店である。

とはいっても六年も前の話。
他の店舗よりも早い午前七時開店。
僕がいくとすでに会社員風の客が二人いた。

お店は牘標瓩硫甬遒鬚劼韻蕕すこともなくごく普通に営業していた。
コーヒーを受け取って着席。
やりたいことを済ませて窓から外を眺める。

通勤・通学時間の松江駅前。
せわしなく行き来するひとの波に目をやりながら、三月末までは自分も名古屋でこの波のなかにいたことを思い出した。
だからこうして出雲国の神社を巡ることができることを改めて感謝した。

ちなみに2019年5月現在、スタバは島根県、鳥取県ともに四軒ずつ営業している。
僕のふるさと愛知県は104軒、うち僕の住む名古屋市熱田区は三軒である。