岡山駅から新幹線に乗り換えた。
目的地は名古屋。
ここに来てようやく帰宅を実感した。

松江暮らしのため名古屋を発った五月七日以来の帰宅である。
本来なら松江で借りていたマンションの契約期間満了とともに帰宅する予定でいたが、隠岐の島行きを決行したので旅が四日間延長された。
松江よりも遠い隠岐の島。
昨晩は隠岐の島最後の晩でもあり「プチ移住」を含めた一連の旅の最後の晩でもある。

西ノ島の民宿「味好」
お母さんが腕を振るうご飯は最高にうまい。
地の魚を手間暇かけた家庭料理でもてなしてくれるとネット上で好評の宿である。
アジのたたき、魚のすり身の天ぷら、肉の炒め物、もずく、昆布の和え物...と品数も多ければ量も多い。
もちろんご飯と味噌汁もつくのだが、ご飯はこっそりお替わりをした。

さて、昨晩は夕食を松江在住の薬品会社の営業氏とご一緒した。
「味好」歴の長い営業氏は隠岐の島を営業で回りながら「ここ以外でこれだけの食事できるところないよ」と大絶賛。

さてその営業氏、僕が松江にひと月滞在していたことを話すと、大変びっくりしていたが、僕のことよりもむしろ我が妻について「ひと月もの間、旦那を旅させるなんてとてもできた奥さんだ」と感心することしきり。
ちなみに営業氏は僕が松江に滞在中に開催されたホーランエンヤで某地区の櫂方を務めたそうだ。
グラスになみなみと注いだ焼酎をグビグビ飲みながら豪胆に話す。
それを宿のお母さんは嬉しそうに、うんうんと自分の息子の話を聞くようにうなずいている。
僕も横で話を聞いたり、ときに自分のことを話す。
宿に泊まっているんだけど、なんだか実家の居間にいるみたい。
隠岐の島は縁もゆかりもない場所だけど、まるで親戚の家にでも遊びに来ている感覚である。
しかも宿のお母さんからは「Iターンに来なさいよ、仕事もあるし空き家もあるからさ」と真顔で口説かれてしまった。

松江のひと月に比べると隠岐の島は島前・島後ともに二日ずつと滞在日数は断然短い。
神社巡りだけのためにやって来た隠岐の島だけど、ペダルを漕ぎながらその豊かな自然が自ずと視界に入り、そのエキスが体内に注入され疲れた肉体がほぐされていく。
二ヶ月前、休職したころの僕の体はあちこちに原因不明の痛みが暗躍していた。
それが、松江で調子が整い、隠岐の島で回復したといっていい。

今朝、フェリーターミナルに向かう前に隠岐の島と最後の別れをと思い、宿のお母さんに教えてもらった島根鼻キャンプ場を訪れた。
視界の先には大海原と停泊する海上保安庁の巡視船。
ここでコーヒーを淹れることにした。
アルコールストーブでお湯を沸かし、コップにドリップパックをセット。
沸いたお湯をゆっくり注いで完成したコーヒーのコップを大海原に向けて高らかに挙げた。
お酒じゃないのが残念だけど、朝だからコーヒーで十分。

さよなら隠岐の島、さよなら島根!