一日自転車を走り終えたときの多幸感! 

走っているときは当然辛い。
登り坂も多いし、九月の割に気温は三十度以上、照りつける日差し、したたる汗。
途中、颯爽と通り過ぎていったローディーたちのスマートさとはほど遠い自分。
太いタイヤのFATBIKEをTシャツ、七分丈ズボン姿でまたがる。
全然イケてないおっさんそのもののスタイルである。
自転車に心地よく乗れれば格好なんて二の次でいいじゃん、というのが四十路の半ばを過ぎた僕の持論。
いまからモテても困るし(もちろんそんなことはないけど)、もう四十台なんだから他人の目線よりも自分が主人公でいいんじゃないか。

このもっさいおっさんの一日は名鉄広見線顔戸駅からスタートした。
先週に引き続き美濃国の古社を巡る旅。
賀茂郡の神社を中心に可児市、美濃加茂市界隈を回った。

毎回苦行のような僕の旅だけど、今日は密かに楽しみにしていたことがあった。
昼食にあえておにぎりを持っていかず、お昼ごろに地元の名店「中華そばらいん」に着けるよう時間を調整。
グッドタイミングで到着、チャーハンと揚げ餃子を堪能した。
チャーハンは並でも結構な量なので、食後の古社巡礼がだるくなったのは残念ながら完全に年齢のせいである。

午後からも三カ所の神社を巡り、ゴールの犬山駅に到着したのが十五時半ころ。
特急列車に乗り一路、金山駅へ。

電車のなかで一日を振り返ると走っているときって必死というか、本当にペダル漕ぐことが辛いんじゃないかというくらい走ることに集中していた。
ときにしんどいとか、暑いから冷たいものを、と思うくらい。
でも走り終わると不思議と気持ちは完全に切り替わる。
さっきまでの苦行は輪行した瞬間一日のよき思い出に変わるのだ。
自宅に戻り酎ハイを傾けるころに思い出が多幸感へと変わっている。
そして一日が素晴らしかったことを思うのだ。