今日は十一ヶ月目の父親の命日。
仕事を終えて実家に向かい、母親とともにささやかな夕食をとった。
昨年の十月といえば、父親の思い出の場所へ家族全員で旅行した。
その後、一週間ほどの時間しか残されていなかった。
だから旅行は最後の最後に間に合ったといってもいいかもしれない。
行くことができて本当によかった。
父親がいないいまとなっては本当にそう実感する。

明日からまた旅に出る。
旅というのか分からないけど、とりあえず出かける。
行き先は香川県高松市。
十日間の「プチ移住」

今回の高松行にはいろいろな理由が混じり合っている。
まず僕の父親。
讃岐うどんが好きで青春18切符が出るたびに香川へ出向き、うどんを何杯が食べてその日のうちに帰ってきた。
名古屋から日帰りが基本だけど、一回だけ疲れて高松で泊まると連絡が入ったことがあった。

次に義父。
若いころ仕事で七年間、高松に滞在していたという。
妻が高松行を切望したのは父親の目にしていた風景を自分でも見たいということがきっかけだ。
そこから火がつき、高松を拠点に島を巡りながら瀬戸内国際芸術祭を観覧しようという計画を立てたのだった。

「プチ移住」について細かい決まりごとがあるわけではないけど、「暮らしながらその土地について知ろうとすること」としておけば、僕にとっては松江以来二回目、妻は初めての経験となる。
期間は十日で、初日と最終日は移動日なので滞在期間は正味八日。

そして僕。
式内社を回ることが使命と勝手に考えている。
父親のことを考えながら、讃岐の古社を巡りたい。