高松滞在中の食事は基本的に自炊。

逗留先であるウイークリーマンションは電磁調理器設置の部屋で、鍋や炊飯器など調理器具はオプションになっている。
ご飯はレンタルした炊飯器で炊き、味噌汁やおかずは名古屋から持参した鍋で作っている。

朝食はご飯、納豆、味噌汁。
昼食はおにぎり一個を握るので、おのおの出かける先で食べる。
夕食は帰宅後、家で食べる。

自炊といっても凝ったメニューは難しい。
鍋を使い回しながら作るのは味噌汁、たまにカレー。
味噌汁はスーパーで野菜や豆腐、揚げを買ってきて、出汁をふんだんに使い、地元の味噌で仕上げる。
手前味噌だが、いりこ出汁と高松の味噌で仕上げた味噌汁はおいしい。
味噌は麹のつぶ入で一見、薄そうだけど、見た目と違いうまみがしっかりしている。
おかずは主に近くのスーパーで買う惣菜がメーン。
安売りシールが張られていれば、なおよし。

節約のために自炊をしているわけだが、そればかりだと楽しみがないので外食もしている。
むしろ香川県にいるということ自体、自炊だけでは済まされない。
道を歩くとうどん屋、自転車に乗るとうどん屋、そう、至るところにうどん屋がある。
高松に来てからの外食はうどんが多いけど、たまには違うところに入りたくなるんだ。

逗留先から徒歩圏、琴電片原町近くの商店街に「ビンビール酒場」と銘打った店がある。
平日は午後三時、休日は正午開店。
高松にも昼のみの店があったのだ。
到着した日からずっと気になっていたけど、今日初めて入ることにした。

午後四時の時点で店内はほぼ満員。
カウンターに陣取りビールとお作りを注文。
二十人も入ればいっぱいになりそうな店内。
外でも座れるように椅子とテーブルが置かれている。

基本は串揚げで、伝票に欲しいものを書いて注文。
嬉しいのはビールは小・中・大どれも値段が一緒。
もちろん酒好きの僕ら夫妻は常に大を注文。
三種盛りのお作りは分厚め、串はいろんなメニューがあり、串カツ、ししとう、にんにく、ハム、うずら、とんかつなどを注文した。
すべてがおいしく、ビールによく合う。

松江で暮らしたひと月の間、ひとりということもあって居酒屋に入ることはなかった。
でも今回は妻と二人なので、初めての店でも気安く入ることができる。

ちなみに件のビンビール酒場てクーポン券をもらった。
次回クーポン券を出せばビンビールが一本無料になるらしい。
高松暮らしは十五日まで。
もう一回、いや二回くらい行きたいと思っている。