大蓑彦神社に向かい、さぬき東街道から神社のある高台に上がっていくとため池の前に出た。
神社のすぐ隣にあるから明神池というらしい。

当日は快晴、池の畔にはパラソルを立ててのんびり釣りを楽しむひとの姿も見られた。
池の表面を揺らす波もなく、鏡のように太陽の光が反射していた。

讃岐国、香川県内を走っている最中に見かけるものとして、うどん屋、お遍路さんとともにため池も多い。
神社とため池のある場所が重なるケースもあったので、ため池を目印に走って行くこともあった。
満濃池のように一見すると湖と見まがう大きな池もあれば小さな池もあり、なかには池の底に古墳など古代遺跡が沈んでいるものまで、ひとくちにため池といっても千差万別。
そもそもなぜこうもため池が多いのか。

香川県はもともと災害が少ない県であるとどこかに書かれていたのを読んだ記憶がある。
その災害には台風や大雨も含まれているようで、現在のように灌漑設備が整備される以前、雨が少ない上にたまに大雨が降ると洪水になることが多かったそうだ。
だから大量の水を必要とする米作よりも麦が多く栽培されるようになったという。
僕が訪ねた地域ではむしろ田んぼが多かったからそのことを知ったとき意外に思ったけど、うどんがこれほどまでに好まれたのは原料の供給が容易というのも一因にあるのだろう。

確かに雨は少ないかもしれない。
高松「プチ移住」の十日間のうち、雨は観音寺を訪れたときの一回だけ、それも小雨ですぐ止んだ。
甚大な被害をもたらした台風19号も予報の時点では香川県を直撃するはずだった。
「移住」先で台風に遭うことに一抹の不安を抱いていたが、結果的に進路からうまい具合にそれていた。
台風や大雨から逃れられる半面、雨が少なければ農業に支障が出る。
そのために水をためておくため池が多く作られるようになったのだという。

釣り人の姿を横目に高台にある神社へ。
鳥居をくぐり石段を上がっていく。
正面の拝殿まで78歩、まずは参拝。

境内に入ってすぐに目についたのが、寄付を出したひとの名を刻んだ石板。
四十枚以上が境内の隅に並べて立てかけられていた。
そういえば拝殿、本殿、収蔵庫などの建物が新しく感じられる。
神社の改築に尽力したひとをこうやって公表しているのだろう。
祭神や由緒を記したものは見当たらないが、「式内社調査報告」によれば社名の通り大蓑彦命を祭神としている。

境内に腰掛けてメモをとっていると境内を抜ける風が心地よく、耳を澄ますと季節外れのツクツクボウシの鳴き声が遠くから聞こえてきた。