今日は父親の一周忌。
早朝、市場の仕事を終えてから母の住むマンションに向かった。
法事は午前十一時半からだが、その前に準備を手伝って欲しいと母にいわれていたので十時には着けるように家を出た。

仏壇のある部屋に来客が座れるよう、テーブルや椅子を動かす手伝いをした。
空いた空間に座布団を敷いて経本を並べたり、焼香用の炭に火をつけたりのんびり準備をしていた。

来客といっても母と僕たち夫婦に姉家族、父の兄弟二人の八人だけ。
昔は法事といえば大勢のひとが我が家に集っていた記憶がある。
それに比べればだいぶ少なくなった。

父親が亡くなって一年。
この一年間、母は父の死亡に伴う手続きに追われ、僕は原因不明の体調不良に見舞われた。
手続きは無事終わり、僕の体調不良も松江での「プチ移住」のおかげでほぼ完治し、現在は三ヶ所でトリプルワークをしながら、元気にやっている。

一年の次は二年、三年。
自分も年を重ねていき、父が亡くなった年齢に少しずつ近づいていく。
一日一日を精一杯生きたい。