今日月曜日は日・月連休の二日目。
妻は出勤なので僕ひとりの自由な時間を持てる日である。
とはいっても、いつも通り朝食の支度をしなくてはいけない。
休みだからとはいえ朝早く起きるのが日課である。

前日の晩。
三河国の古社巡礼を少しでもいいから進めておきたいと思ってグーグルマップを立ち上げると、以前チェックしておいた神社の所在地がすべて消えていた。
一瞬固まってしまったが、神社数はそれほど多くはないので、先日訪れた場所以外の場所をチェックし直した。
時間にして十数分ほど。
でもなんだか嫌な予感がする。
消えていたってことは行くなということかもしれない。
「行くべきか行かざるべきか」
考えながら布団に潜り込んだ。

午前三時五十分にいつも通りの目覚ましが鳴った。
あと少しだけ眠ろうと音を消した。
再び目を覚ましたのは二時間後の五時五十分。
土曜日に家族を呼んで夕食会を催したときの疲れが体に残っていたようだ。
外を眺めると空一面に分厚い雲が漂っているけど、その隙間からは青空がのぞいている。
雨の予報ではないので、妻が出発するまで考えることにした。

出勤する妻を見送って玄関先に出たとき、空には青空が広がっていた。
行こう! 
FATBIKEにサドルバッグとポンプ、それに輪行バッグを取りつけた。
往復自走で行き先は豊田市を中心に。
無理して回らず、二、三ヶ所でも回れれば御の字という軽めの予定。

九時に我が家を出発、最初に訪れた射穂神社には十一時に到着した。
その後、猿投神社、広沢神社と回り、浦野酒造にて酒を一本買って帰宅。
片道二時間は結構しんどいけど、伊勢国ではそれも当たり前にこなしていたから、できないことではない。
しかも県内だし。

仕事があるときは疲労困憊で一日を終える。
休みの日くらいゆっくりすればいいのだけど、自転車って仕事で使う筋肉とは違うから長距離を走っても疲れの質が違うのか、翌日に響かない。
そこにうまい酒でもあれば...
これ以上、望むものはない幸せだ。