路面の温度計のデジタル表示は5度を指していた。
どおりで手が冷たいわけである。
名鉄豊田線梅坪駅前の広場でFATBIKEを組み立てて、今日最初の神社である兵主神社に向けて出発した。

十二月半ばになり、ようやく寒い季節の到来を実感することになった。
我が家を出たのは午前五時二十分ころ。
最寄りの地下鉄駅から輪行し名城線と鶴舞線、名鉄豊田線を乗り継いで梅坪駅へ。

我が家は地下鉄駅から限りなく近いので輪行した状態で駅まで運んでもよかったけど、いままで体験したことのないことをやってみたいと思い、駅のエレベータがある広場で輪行することに。
ここは寝室からよく見える場所でもある。

マンションを出てわずか一分ほどで到着。
早速作業に取りかかるが、ベンチのある場所の街路灯が消されているので手元が暗い。
サドルバッグやタイヤといった大きいものを外すには苦労しない半面、ヒモでタイヤを固定したりレンチでペダルをはずす細かい作業は暗さのせいで難儀した。
高松「プチ移住」のころも四時台の電車に乗ろうとすると夜明け前に駅に向かうことになったけど、幸いベンチには街路灯の光が射していたので明るい状態での作業が可能だった。
この違いは大きい。

難儀したせいで時間ギリギリになってようやく輪行バッグ詰めが完了。
でもここまでできればあとは電車に乗るだけ。

豊田市から始めた古社巡礼は平地の神社、山頂にある神社など参河国の式内社を回りながらJR岡崎駅までやって来た。

そして今日は母親の誕生日。
再び輪行して慌てて名古屋に戻り、ケーキを買って母親の家に向かった。