若狭の旅を終えて名古屋への帰り道。
青春18きっぷは一回分しか残っていなかったので二日間のうちのより遠方を訪ねる昨日に使い、帰りはきっぷを買うことにした。

午前七時に宿を発ち目的地である美浜町に向けて出発。
FATBIKEで約一時間。
そこから小浜線十村駅までの間を九か所の神社を訪ねながらペダルを漕いだ。

若狭国の神社巡りは数年ぶり。
これまで18きっぷが出る時期限定で回っていたけどあとが続かなかった。
名古屋から近い国を優先したこと、出雲や讃岐を集中的に回ったこと、もともとの神社の数が多くないし、すでに半数以上の神社を回っていたこと、若狭国の神社巡りの主要交通機関が小浜線であることもその理由のひとつかもしれない。

名古屋からでは同じ敦賀から乗り換える北陸本線とは雲泥の差、本数は極端に少ない。
今回も昨日は午前七時台の電車に乗ったものの、目的地の加斗駅に到着したのは午後一二時過ぎ。
雹や小雨交じりの曇天のなかを帰りの時間を気にしながら走るのはきつい。

一方、18きっぷのない今朝は最初、自転車に乗って出発した。
敦賀からであれば峠を越えれば若狭。
距離の近さと快晴の天気、またコースに立ちこぎを必要とするような登り坂がなかったことから自転車自体は楽だった。
だいたい予定通りに回ったが、小浜線の時間が気になるので遅くならないうちに名古屋に着こうとするなら二時台がタイムリミットだ。敦賀から先の乗り換えを考えると気持ちが萎える。
しかも明日は仕事始め。
旅の疲れを残したまま仕事には行きたくない。
ならば特急に乗ろう。
18きっぷは規定により特急や新幹線に乗る場合、乗車券が別途必要になる。
18きっぷという乗車券があるのに特急に乗るための乗車券が必要なんてもったいない。
だから余程の緊急時にしか特急に乗ることはない。
しかし今日の僕は幸い、帰りはきっぷを買うことになっている。
奮発し敦賀から名古屋まで特急券を買うことにした。
そしてこの原稿を書いているいま、米原を出発したしらさぎは座席の方向転換を終えて大垣に向かって疾走している。

小浜線十村駅を14:57に出発後、敦賀16:09発のしらさぎに乗り、定刻通りなら名古屋には17:49に到着する。
それでもほぼ三時間である。
ちなみに在来線だけなら名古屋着がもう一時間遅れて約七時。
乗り換えは四回、しかも僕にはFATBIKEという重い荷物がある。

特急券があるだけで時間と楽さが買えたというわけだ。
たまにはこんな楽さを求めてもいいんじゃないか、FATBIKEでの道中はいつも結構な苦行だから。