「〜韓國〜」という名の神社が意宇、出雲の両郡に三社ずつある。うち「奉」の文字がつくのは当社のみ。曾枳能夜神社境内に独立した小社として鎮座。合祀されたケースが多いだけに珍しい。伊大氐を「射楯」と解するからか、社の下には手製の弓矢が奉納されている。