心地よい風が森を吹き抜ける。本殿で手を合わせるが何か物足りない。そうだ鳥居がない。日向から船で船子山に到着した天つ神、天津日高彦火火出見命が祭神。命をまつるからには国つ神である大国主命の出雲大社より大きな鳥居でなくてはならないと。由緒が語る鳥居なき理由。