風土記当時「曾伎乃夜の社」として仏経山山上に鎮座していたというが、現在の社は鳥居から石段を上がり100歩ほどの小高い場所にある。本殿に手を合わせてからメモ帳にスタンプを押した。オリジナルスタンプを置く神社は珍しい。赤色の図柄を見ると訪ねた日の記憶が蘇る。