境内を囲む田んぼからはにぎやかしいカエルの鳴き声。対照的に神社に伝わるエピソードは切ないものだ。八上姐大神は大国主命の子を身ごもるが正妻の存在を知り直江の里で御子を産んだ。三か所の井戸で産湯させ木の俣にあずけて自身は因幡に帰った。御子の名は木俣大神という。