社名アネノカミノヤシロは地名の姉谷が由来。風土記でも阿如の社はアネと読む。山裾の境内へは石段を上がり笠木なき鳥居様の注連柱をくぐる。入口鳥居から拝殿まで78歩。地名である「姉」が天照大御神を連想させ現在の祭神となったそうだ。確かに記紀では素戔嗚尊の姉神だが。