このところ、ひとり旅=古社巡礼、サイクリング=古社巡礼になっている。
それ以外にもFATBIKEに乗ることはあるけれど、近場に買い物に行く程度。
決してFATBIKE=古社巡礼と割り切っているわけではないが、結果的に神社巡りばかりしているというのが現状であることは確かだ。

毎週月曜日はお休みの日。
青春18きっぷ期間ということもあり先週までは遠江国の式内社を回り、同国の巡礼はいちおう終了。
次々と他の国を回りたいところだが新型コロナ禍のため、自分は感染していない(はず。現時点では)といっても不要不急の外出は控えるべきという私的な自粛状態にある。
遠距離だと電車を利用して輪行ということになるから、密室状態の電車に長時間乗るのはちょっと...
と自制するのだ。
半面、マスクをして手洗いうがいを励行すれば過度な心配は不要とも思う。

情報が飛び交う昨今だから、遠距離移動に二の足を踏んでしまう。
いろいろと考えるところがあり、今日はあえて18きっぷの旅に出ず。
仕事の妻を見送ってから出かけたのは神社ではなく、気になっているお店、それも春日井へ。
銀行などの用事を済ませ、ひたすら北上。
黒川沿いに咲いた桜の花を見ながら向かったのは名鉄小牧線味美駅近くのミリタリーショップ。

米軍払い下げ品を扱うお店はインスタグラムの投稿を見て一度行ってみたいと思っていた。
狭い店内に所狭しと並ぶ軍用品。
サープラスというと年代ものが多い印象だけど、現役で使用されているモノが多そう。
見たこともないマルチカムの装備品がふんだんに置かれていたけど値段表をチラ見すると予算的に厳しい価格。
店内を二、三周しておいとますることに。

春日井市は以前、尾張国の式内社巡りで数回立ち寄ったことがある程度。
土地勘はないので地図を確認しながら走る。
アルペンアウトドアーズはテレビか新聞で取り上げられていたのを見たのがきっかけでずっと行きたかった。
国道19号線のお店に車以外で行こうとすると結構難儀である。
だから忘れていたけどこの機会にと行ってみることにした。

結果的に、ミリタリーショップで緩めることのなかった財布のヒモはここで緩んだ。
店内をぐるっと回るとところどころで僕のハートをつかむモノに出会った。
普段は本と酒以外のモノを買うのに慎重である。
だから買い物にはかなり吟味し、少しでもこれを買ってどうするんだという疑念があれば買うことがなくなった。
それで不自由なことはない。
しかしここでは買おうと思っていたオルファワークスのナイフ以外にも防災ポーチに役立つだろうとミステリーランチのミニポーチ、何となく使えそうなマルチカム柄のランチョンマットを買った。

でも改めて世の中には欲しいものが多いと思う。
ひとつひとつの値段はそんなに高くはない。
すべて千円台。
心動かされるモノ以外は買うことを避けているのだけど、アウトドアという自分の好きな分野の専門店に行くと心がけも案外簡単に破れてしまうものだと情けなかった。

人間の物欲なんてもともとその程度のものだろうけど。