三月も後半に差しかかった。
このところ毎日毎日新型コロナウイルスの話題ばかり。
収束が見えず、いつか自分も感染するのだろうかと思うと気持ちは落ち着かない。
当分は家でじっとしているのが一番だろう。
でもこれが昨年でなくてよかった。

昨日で隠岐国の式内社巡礼記を書き終えた。
それ以前に出雲国の式内社分も書き終えていたので、昨年の「松江プチ移住」で訪ねた神社すべての巡拝記を書き終えたことになる。

「プチ移住」期間は日記を書き、名古屋帰宅後から少しずつ始めた出雲国の巡拝記。
途中、「高松プチ移住」時に訪ねた讃岐国分をのぞいてもほぼ半年以上続いたことになる。
それがとうとう終わったのだ。

昨年の四月初旬から三ヶ月ほどの休職が決定した。
三月後半といえば休みまで残りあと二週間ほどだったけど、ようやく休めるから嬉しい、なんて気持ちにはなれなかった。
もっとも体調が悪く、その原因を作った職場に対する恨み辛みなどあり感情的にもすごく攻撃的になったり不安定だった。
しかし、休みが始まった途端に仕事のことなんてすっかり忘れた。
悩む暇があったら「松江プチ移住」の計画を練ろうと躍起になっていた。

この辺の事情については何度も書いているから省くとして、松江に旅立った五月がだんだん近づくにつれていろいろなことを考える。

今年は新型コロナが猛威を振るい余談を許さない状況だけど、気持ちだけは楽しく明るくやっている。
気持ちが前向きにならないと体調にも影響するだろうし、コロナに対しても心配が先行して及び腰になってしまう。
あのまま名古屋で仕事を続けていたのならきっと後ろ向きの暗い人生だったのだろうなと思うと、松江で暮らしたひと月あまりの時間が自分を変えてくれた。
本当にありがたい。

仕事と名古屋から離れてひとり暮らした松江。
魚が安く新鮮で地元のお酒も豊富、ひとも多すぎず町も大きすぎない落ち着いた雰囲気、マンションの窓から眺める夕日の宍道湖...

コロナ禍がひと段落ついたらまた訪れたい。