旧街道の両側に立ち並ぶ朱色の常夜灯は神社が近い目印。石観音へ上がる参道、観音川にかかる橋のたもとに社名を刻む石柱がお出迎え。社名の御方は三方で、湖名であり郡名でもある。大社を想像するも実際はこぢんまりとした境内。手水では鶴と亀がなかよく水をかけ合っていた。