神社を目指し高速道路の橋脚の横を走り過ぎた瞬間、日向ぼっこしていたサルたちが慌てて逃げていき、ビックリ。山塊から突き出た舌状の丘に挟まれ鎮座する神社。境内に入ると正面の本殿が玉砂利上に浮上!? しかし地面と本殿の間には複数の柱。御大典記念事業で目下、工事中。