長良川の堤防道路下、鳥居から一直線に伸びるコンクリートの参道を本殿へ向かうと石段上に神明造の簡素な社がまつられている。標柱には「元伊勢宮」の文字。倭姫命が天照大神を奉戴して近江から美濃に渡った。そして尾張へ向う途中に立ち寄った社であると由緒は語っている。