墨俣神社は社名に地名を冠している。延喜式に掲載されているほどだから、墨俣という土地自体は古くから開けていたのだろう。濃尾の境に近く交通の要衝であることは神社創建時も墨俣一夜城築城時も変わらない。長良川西岸の一角、古社というよりも街場の産土といった雰囲気だ。