尾張国の阿豆良神社を訪ねると由緒に祭神の天甕津媛命と花長神社との関係が記されていた。言葉を話さない品津別皇子のために我をまつれといった濃尾に出雲を加えた交流譚。針葉樹が林立する参道を抜けると、寒空に響く鳥のさえずりが竹藪の揺れる音とともに境内を彩っていた。