100605熱田区切戸町cl1








熱田-4
所在地:名古屋市熱田区切戸町
    Nagoya-shi atsuta-ku kiredomachi
祭 神:秋葉・熱田・津島
場 所:台上
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭・尚武祭(6月)・町内祭礼(10月)・秋葉祭
氏神社
地 図熱田区の屋根神さま所在地
メ モ

・10年6月7日
 写真追加しました。
 【区分】「屋根神」→「準屋根神」

・10年6月5日
 熱田尚武祭での祭礼確認に訪れると、お供えや紫幕、提灯に加え、三社ののぼりも立てられていました。昨年は雨だったので、豪華な姿を見られてよかったです。
100605熱田区切戸町cl4100605熱田区切戸町cl3








・09年6月5日
 あいにくの雨の中、午前7時15分ころに現地を訪れると社の扉が開けられていました。榊は新しくなっており、三つ並べられた三方の中央にはお神酒や洗米、塩が盛られていました。写真を撮っている最中に雨足が強くなる一方なので、提灯などの飾りつけは、残念ながらないと思われます。
090605切戸町2090605切戸町3090605切戸町6090605切戸町7
















・07年6月5日
 6月5日、熱田尚武祭のこの日、熱田区内にある屋根神さまは特別に飾り付けられました。私も熱田区に移住して以来、毎年欠かさず尚武祭の屋根神さまの風景を撮り続けています。中でも熱田区切戸町、花町の神さまは私の好きな場所です。切戸町では提灯やお供えという通常の飾り付けに加え祭神の神紋と神社名が染められた幟を立て紫幕を張りました。

・06年5月15日
 5月15日、この日は午後から仕事が入っていたので、自宅から近い熱田区の屋根神さまを訪ねました。ここ切戸町には以前は各町内ごとに神さまをまつられていたそうですが、現在では写真の屋根神さまへまとめてしまったそうです。社殿は当時のものですが、神殿の金具や覆殿などは新しくしました。ちなみに祭具類は社殿の下にある備品入れに納められています。

・02年1月01日
 紫幕、堤灯、「組内安全」と染め抜かれたのぼり。祭神は熱田神宮、秋葉神社、津島神社。供え物は中央に鏡餅、果物、野菜、するめなど。堤灯が飾ってあるのは初めてである。おそらく特別なお祭り以外は出さないものと思われる。