名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

名古屋市西区:那古野

【愛知・名古屋市】屋根神さまのある風景 2013

円頓寺商店街を地下鉄丸の内駅方面に歩いていき、アーケードを出る直前で南に折れると白壁の蔵が建ち並ぶ。

防火目的に道幅を四間空けたことから四間道(しけみち)と呼ばれる。

「屋根神さまは四間道に多いだろう」

屋根神さまの写真を撮り歩いているとそう声をかけられる。
岡本大三郎さんが調査された本を見ると、確かに四間道には屋根神さまが多かったようだ。

古い木造の長屋が多く、そのひさし屋根の上に載せられた屋根神さまは町の風景に溶け込んでいた。

「古い家を壊して新しくすることもあるし、跡取りがおらんと売ってまうこともあるんやわ」

西区だけでなく名古屋市、いや日本中で有名な屋根神さまが鎮座する四間道は、屋根神さまの似合うマチではあるが決して多い地域ではない。

古民家の並ぶ通りに歯抜けのように更地や駐車場が目立つということは、屋根神さまに関わるひとの数が少なくなっているということである。

立派な社があるだけでそこにひとが関わらなければ、屋根神信仰は生まれない。

ひとと神との結びつきがあるからこそ、提灯が掲げられ供物が供えられた光景はいつ見ても美しい。

「開府400年 なごや古今往来」円頓寺編に 中日新聞

 4月15日付の中日新聞に屋根神さまが掲載されました! 記事は市民版の連載「開府400年 なごや古今往来」円頓寺編です。西区那古野の屋根神さま(西-1)に関する内容のほか、私もほんの“ちょこっと”登場しています!! ぜひご覧下さい。

【屋根神】西区那古野/西-1

100101西区那古野cl1








西-1
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神:秋葉・熱田・津島
場 所:屋根
向 き:東
祭礼日:正月・月次祭
氏神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ

・10年4月15日
 中日新聞市民版の連載記事「開府400年なごや古今往来」円頓寺編でこちらの屋根神さまが紹介されました。
 写真変更しました。

・10年1月1日 
 お正月の写真です。扉が開けられ、しめ縄も新しいものが取りつけられていました。
100101西区那古野cl2








・月次祭の写真
 通常はこのように扉が閉められています。
西区那古野

【準屋根神】西区那古野/形骸/西-5

西-5








西-5
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神
場 所:中橋西詰・台上
向 き:南
祭礼日
氏神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ:形骸のみ

・10年2月2日
【区分】「屋根神」→「準屋根神」

【屋根神】西区那古野/西-4

西-4










西-4
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神:秋葉・熱田・津島
場 所:屋根
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭・津島祭(6月)・秋葉祭(11月)
氏神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ

・09年1月15日
09115nagono1












 訪れると当番のおじいさんが三方や供え物、提灯の取り付け部をテープで張り付けていました。
「風で飛んでっちゃうもんでね。こうしとけば、やらんよりましだと思ってね」
「ここは日本一の屋根神さまだよ」

・08年9月22日
 英文の説明があります。
rooftopshrine




 またすぐ近くに観光案内用の石版が道路に埋め込まれています。
石版








・07年11月15日
1115nagono






・07年10月13日
 花車神明社祭では山車が四間道を通り円頓寺商店街に行くようになりました。
071013nagono1






・01年09月15日
 午前6時半ごろから準備をはじめた。四間道に近いこともありテレビで紹介されることもあるという(以前「ウィッキ−さん」も来たという)。その後月次祭時には団体で見に訪れる人も多いという。またこの界わいは映画のロケにも使われる。以前ははしごをかけてまつっていたが、現在では上に上るのが大変なので下に台を設けお供えする。

【屋根神】西区那古野/西ー廃社

西-廃社:那古野












西-廃社
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi nishiku nagono
祭 神:秋葉・熱田・津島(*)
場 所:屋根
向 き:東
地 図
祭礼日
氏神社
メ モ:廃社。(*)山地英樹著「なごやの屋根神さま」参照。

【屋根神】西区那古野/西-6

西-6












西-5
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神:秋葉・熱田・那古野
場 所:五條橋西詰・脚上
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭・那古野神社祭礼日(7月)
氏神社:那古野神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ:2003年に新調。写真は新調当時に撮影したものです。

・05年5月15日
 道具箱のふたには「昭和十一年」と書かれていた。
050515五条橋






・01年12月01日
 祭りの準備をしている方に聞く。
「(社殿は)戦前からあった。昔は角の味噌溜屋さんの上にあったのだけどね。いつ下ろしたかって? 私の息子が生まれる前だから、昭和42年より前だね。もうだいぶ傷んでしまって、台風でも来たら吹き飛ばされないか心配だがね。これだけ傷んでいるから(氏神である)那古野神社に持っていって祭ってもらおうという話もでているのだけど。まだ決定したわけじゃないけどね。でも簡単に捨てるわけにいかないでね」
「提灯はね、本当は上げなかんのだけど、足場が悪いしこれだけの幅(70〜80センチくらい)しかないから危ないでね。それに高いから、私手が悪いでね。ご無礼させてもらっているんだわね」

西区・五條橋






・01年07月15日
 五條橋。準備をしていた近所の方に聞くと、現在町内(大塩町=大船町+塩町)6軒で守っている。以前は屋根の上にあったが、まつられていた家を壊すときに現位置に移転した。 
 もともとそれほど親交のある町内ではなかったが、神さまをまつることにより結束が強まった。社殿はかなり傷んでいるが現在では直すだけの熱意がなくなっている。正月と那古野神社大祭(7月15、16日)時には紫幕を張る。
 また「最近お供えの果物を盗んでいく人がいるようだ。信仰心のなさもここまで来てしまった」

【屋根神】西区那古野/西-2

西-2






西-2
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神:秋葉・熱田・津島
場 所:ベランダ
向 き:西
祭礼日:正月・月次祭
氏神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ

【屋根神】西区那古野/西-3/形骸

西-3_形骸









西-3
所在地:名古屋市西区那古野
    Nagoya-shi Nishi-ku nagono
祭 神
場 所:屋根
向 き:南
祭礼日
氏神社
地 図西区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ:形骸のみ
カテゴリ
最近のコメント
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ