名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

区分:町内社

【町内社】北区清水/北-8

110901北区清水白龍1

北-8
所在地:名古屋市北区清水
    Nagoya-shi Kita-ku shimizu
祭 神:秋葉・伊勢・津島
場 所:堂内
向 き:東
祭礼日:正月・大祭(5月)
氏神社:杉の宮
地 図:北区の屋根神さま所在地(Google Map)
メ モ:白龍夫婦竜神内

・11年9月1日
 知り合いから「北区に屋根神さまがある」という情報を得たので、大雨が降りしきる中、現場に行ってきました。場所は地下鉄黒川駅の南東、北区役所の東側。付近には高速道路のインターチェンジや大型のパチンコ店など、一見すると大きな“箱物”が多い印象ですが、東には旧稲置街道や城東通も通っており、通りをはさみ住宅地が連なる地域でもあります。
 目指す屋根神さまは「白龍夫婦竜神」と染められた白い幟が建ち並ぶ小公園の隣、朱色の鳥居が立つ堂内にあります。初めて訪れると白龍さんと間違えたのかなと思ってしまいそうですが、正面右側を見ると地面から数十センチ上に三社用の神棚が置かれており、さらに社の上には向かって左より「秋葉神社」「天照皇大神宮」「津島神社」と書かれた三つの札がかけられています。到着したのはちょうど午前8時くらいで、写真を撮っていると後ろ側で何やら話し声が聞えてきました。振り返ると堂の入口付近に女性たちが集まってきました。白龍さんの当番のようです。

110901北区清水白龍3

「昔はね、北側の角の木の中に小さな石のようなものが入っていて、それが白龍さんだったと記憶してます。いまではこうして立派におまつりされるようになりました」
「ここに来てから、もう10年のようになるかね」
 この白龍夫婦竜神は「三北町内会」が維持・管理しているそうです。そのためかこの堂の主神である白龍さんについては当番のひともそれなりに知識として知っているようですが、私の知りたい三社については「よく分かりませんね」とあまり芳しい答えは帰ってきませんでした。
 堂の掃除を済ませると白龍さんの名前の書かれた提灯を二張り左右に吊るし、供え物をして各自お参りします。三社の神さまの神前には榊、お神酒、塩などが並びました。再び写真を撮らせてもらってからもう一度三社の神さまについて尋ねました。
「確かね、むかしはどこかの家にあったような気がしますけど。ここを作ったときに一緒におまつりするようになったみたいです。いまでも一年に一度はお札を受けにいきますよ。おまつりは5月の大祭のときとお正月にね。神主さんに来ていただいてお祓いもしていただいております。だいたいどこの町内もこうした神さまはおまつりしているんじゃないでしょうか。南には屋根神さまありますよ」
 残念ながら、こちらの神さまのルーツが屋根神かどうかは分かりませんでしたが、かつては白龍さんとは別の独立したほこらとして町内、もしくは隣組でおまつりしていたのかもしれません。
110901北区清水白龍2110901北区清水白龍4

【町内社】熱田区神宮/熱田-参考

110701熱田区神宮1110701熱田区神宮3

熱田-参考
所在地:名古屋市熱田区神宮
    Nagoya-shi Atsuta-ku jingu
祭 神:秋葉
場 所:台上
向 き:東
祭礼日:月次祭
氏神社:
地 図:
メ モ:

・11年7月1日
 熱田神宮の東側に位置し、井戸端におまつりされている神さま。秋葉神社の神紋が染められた白い幕と箱に入れられた野菜がお供えされていた。以前近所の方に話をうかがった。「秋葉さん、町内のね」。すぐ東側に秋葉山円通寺があるので最初は井戸をまつる神さまかと思ったが、大瀬子町などで見られるように町内の秋葉神社である。社の北側は長屋が並んでおり、神さまは入口にあたる場所におまつりされている。かつては向かい合った長屋であったと思われるが、現在では片側のみになっている。

110701熱田区神宮2110701熱田区神宮4

 熱田区内には秋葉社のみをまつる社が多く見られ、前出の大瀬子町など屋根神分布一覧にも加えていいますが、当地は当分参考として掲載します。

【町内社】岐阜市八ツ寺町/岐阜-73

100404岐阜市八ツ寺町cl1








岐阜-73
所在地:岐阜市八ツ寺町  
    Gifu-shi yatsuderamachi
祭 神:未調査
場 所:脚上
向 き:南
地 図
祭礼日
氏神社
メ モ:NTT建隣接

・10年4月4日
 岐阜まつりに訪れました。午後2時を過ぎたころにはすでにお供え物はなくなっていました。流造の立派な社です。

【町内社】昭和区北山町/昭和-番外

100601昭和区北山町cl1100601昭和区北山町cl4

昭和-番外
所在地:名古屋市昭和区北山町
    Nagoya-shi Showa-ku kitayamacho
祭 神:御器所八幡宮
場 所:神域内石台上
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭
氏神社:御器所八幡宮
地 図
メ モ:北山八幡社

・10年6月12日
 写真掲載しました。

・10年6月1日
 同区小桜町や鶴羽町と同じように小さなスペースですが、町内の神さまとして普通の神社と比較しても遜色のないくらい立派なお社です。神社を構成する鳥居と北山八幡社と書かれた柱、また向かって左側の「国威宣揚」と刻まれた掲揚塔、常夜灯などは石造です。掲揚塔には「昭和十五年十一月 北山町」との文字も見られます。こちらも御器所八幡宮の摂社ですが、地図を見てみると近くにある鶴舞公園内の古墳も「八幡山古墳」なので、なにか縁があるのでしょうか。
100601昭和区北山町cl2100601昭和区北山町cl3

【町内社】昭和区鶴羽町/昭和-番外

100601昭和区鶴羽町cl1JPG








昭和-番外
所在地:名古屋市昭和区鶴羽町
    Nagoya-shi Showa-ku tsuruhacho
祭 神:御器所八幡宮
場 所:神域内石台上
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭
氏神社:御器所八幡宮
地 図
メ モ

・10年6月11日
 写真掲載しました。

・10年6月1日
 同区小坂町などと同様、御器所八幡宮の摂社としておまつりされています。鳥居、玉垣ともに木製でかなり古く、神域内には灯籠などもあり、“小さな神社”といったところです。細い路地沿いに設置されています。
100601昭和区鶴羽町cl2

【町内社】昭和区小桜町/昭和-番外

100601昭和区小桜町cl1100601昭和区小桜町cl2

昭和-番外
所在地:名古屋市昭和区小桜町
    Nagoya-shi Showa-ku kosakuracho
祭 神:御器所八幡宮
場 所:神域内石台上
向 き:南
祭礼日:正月・月次祭・夏祭・秋祭
氏神社:御器所八幡宮
地 図
メ モ:御器所八幡宮摂社とかかれた石柱あり

・10年6月10日
 写真掲載しました。

・10年6月1日
 今回から一般的な屋根神とは違うのだけど、屋根神に近い、親戚のようなお社を掲載していこうと思います。昭和区御器所界隈には御器所八幡宮を中心として各町内の神さまが存在しています。西区など名古屋の中心部だと、それがいわゆる屋根神と呼ばれる形態の社となるのですが、市内でも地区によっては必ずしもそうではないようです。昭和区や千種区は熱田、津島、秋葉の三社に加え、地域の氏神信仰が厚い地域で、祭神の中には必ず入れられています。
 御器所八幡宮の氏子地域におまつりされている社には屋根に設置されていた屋根神もかつてはありましたが、現在ではすべてなくなりました。一方、小さな神域を設けおまつりしている社は少なくありません。
 こうした社はいつごろできたのかははっきり分かりませんが、どの社にも八幡社の摂社である旨が刻まれた石柱と、「国威宣揚」とかかれた国旗掲揚台が見られることから、戦前及び戦中に作られたのではないかと思われます。

【町内社】中区千代田/中-番外

100601中区千代田cl1








中-番外
所在地:名古屋市中区千代田
    Nagoya-shi Naka-ku chiyoda
祭 神:伊勢
場 所:どんぐり広場内台上
向 き:東
祭礼日:月次祭
氏神社:伊勢山神明社
地 図
メ モ:どんぐり広場内

・10年6月6日
 月次祭を行う町内の神さまなので、掲載しました。聞き取りができておらず不明瞭なことが多いのですが、祭神は伊勢神宮をおまつりしているとのことです。一般的な屋根神さまとは祭神が違う(ようなので)「町内社」の扱いとしました。

【番外】郡上市今小町/郡上-番外

100417郡上市今小町cl1








郡上-番外
所在地:郡上市八幡町大正町(今小町)   
    Guji-shi hachimancho taisho machi
祭 神:弁財天
場 所:神域内・台上
向 き:南
地 図
祭礼日:8月17日
氏神社:日吉神社
メ モ

・10年4月23日
 写真を掲載しました。
100417郡上市今小町cl2








・09年4月17日
 芸事の神さま。郡上まつりに合わせて紫幕やのぼりなど飾りつけが行なわれていた。

【町内社】岐阜市木ノ本町/岐阜-20

100404岐阜市木ノ本町cl1








岐阜-20
所在地:岐阜市木ノ本町    
    Gifu-shi kinomotocho
祭 神:秋葉
場 所:コンクリート台上
向 き:南
地 図
祭礼日:正月、岐阜まつり(4月)、秋まつり(9月)
氏神社
メ モ

・10年4月21日
【区分】「屋根神」→「町内社」

・10年4月4日
 昨年の岐阜まつりでは天候が悪かったので社にビニールをかぶせていましたが、今年は天気がよく提灯やお供え物、のぼりがきれいに飾りつけられている姿を見ることができました。
100404岐阜市木ノ本町cl3








・09年4月4日
 岐阜まつりに合わせた秋葉神社の祭礼を確認するため歩いていると、社の周りに7名ほどの人が集まっていたので、写真を撮りながら話を聞きました。
 この社は戦前から木ノ本町でおまつりされていましたが、当時は現位置よりも東側に川があり(現在はない)、「川の横にまつったったらし」く戦後に現位置に移設されたそうです。大きな祭礼は一年に三回、正月、4月、9月と毎月1、15日の月次祭。当日はのぼり、提灯、紫幕で飾り、三方三つほどのお供えをしていましたが、準備の方にうかがうと「昔に比べたらおまつり自体は簡単になったよ」とのこと。
 飾りつけが終わると社全体をビニールで覆いますが、これは雨が降りそうな当日の天候とは関係なく「いつ天気がおかしくなってもいいようにね」との配慮です。また提灯にも袋をかぶせていました。

090404木ノ本町2090404木ノ本町3090404木ノ本町4

【町内社】岐阜市瑞穂町/岐阜-72

100404岐阜市瑞穂町cl1








岐阜-72
所在地:岐阜市瑞穂町  
    Gifu-shi mizuhocho
祭 神:秋葉
場 所:神域内台上
向 き:南
地 図
祭礼日:1月、4月
氏神社:金神社
メ モ

・10年4月4日
 岐阜まつりにともない、午前9時半より神事が行われました。町内の方によると当日のようにのぼりを立ててお祓いを行うのは1月と4月のみ、神事には30人ほどが神前に集まりました。神主さんに周辺の秋葉さんについて尋ねると「富沢町や新興町にはあるけど、菊井町や権現町にはあれへんなあ」とのことでした。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ