名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

なごやの神楽屋形

【町の神さま考】南陽町、神楽の出る村祭り

111009港区南陽町畑中

名古屋の西の端に位置する南陽町へは月に一度仕事の関係で足を運んでいる。
縁もゆかりもない南陽町に愛着が湧くようになったのは、秋祭りの前、夏の暑い時期に神楽屋形の所在を探し歩くようになった二年前からだろう。

獅子神楽屋形、通称「神楽」は、名古屋市中村、中川、港といった西南部に分布している。
地域の宝物という呼び名がふさわしい祭具である。
獅子頭を納める屋形が名古屋仏壇の影響を受け、いつしかきらびやかな装飾を施されるようになった。
市内では特に港区に多く、神楽だけではなく神楽囃子の保存会活動も盛んに行われている。
祭の場を訪れると「尾張新次郎太鼓」と染められた揃いのハッピ姿を目にする。

「もとはなかったんだけど、どこかで“出物”があったらしいよ」

畑中の神明社には、最近できたばかりのきれいな神楽堂が建てられている。
夏の港まつりで披露された神楽に再び出合ったのは、十月のある晴れた日。
刈り取り前の稲穂が頭を垂れるなかを、大勢の人たちが神楽を引きながら歩いて行った。

写真は名古屋市港区。

【なごやの神楽屋形】太閤まつりと神楽屋形

110515太閤祭東宿町神楽

2011年5月15日、名古屋市中村区にて。
中村区といえば高層ビルが建ち並ぶ名古屋駅周辺を思い浮かべるが、駅を西に進むと、田畑と住宅地が併存する準農村地域としての顔を見せる。東宿町の明神社には農村の象徴である神楽屋形が保存されていて、毎年太閤まつりの2日目に町内の人々によって曵き回される。かつては東宿だけでなく稲葉地や城屋敷、また大治町といった付き合いのある近村からも神楽屋形がやってきて太鼓囃子の腕を競ったそうだ。運がよければ尾張新次郎太鼓のメンバーが神楽屋形を使って演奏する光景を目にすることができる。

【なごやの神楽屋形】港まつりの神楽揃え

110718港まつり

2011年7月18日、名古屋市港区にて。
毎年海の日に開催される「港まつり」は夜の花火が有名だが、僕自身は午後に行われる神楽揃えが好きだ。港区内で保存されている神楽屋形が三台集まる。2011年は川原神楽、熱田前新田中ノ組神楽、畑中神楽が出された。

【なごやの神楽屋形】下之一色の神楽屋形

110723下之一色川祭り

2011年7月23日、中川区下之一色にて。
二年に一度開催される「川祭り」には下之一色に保存されている神楽屋形四台が出されます。
写真は下之一色第一部、旧南ノ切の神楽屋形です。
浅間社でのお祓い、太鼓の揃い打ちを終えて集会所に戻るところ。

【なごやの神楽屋形】神楽屋形のはなし

 神楽屋形と出合ったのは四年前のこと。

 家の近くの神社のおまつりの日、境内の隅っこに置かれた一風変わった山車のようなお神輿のような、僕はそれを何というか知りませんでした。細かい彫刻で覆われ大太鼓と小太鼓が取りつけられた“置物”。神楽のお囃子をやっていたお兄さんから、それが神楽屋形であるということ、名古屋市内でも南西部に多いこと、普通は金神楽といって全体を金箔で覆われたものが多いことなどを教えてもらいました。

 神楽屋形は市内中心部で曵かれる山車と比べれば小さくかわいいものですが、田園地帯のあぜ道を太鼓と笛の囃子を響かせて進む姿を見れば、その存在の大きさが分かります。

 神楽屋形はマチではなくムラの宝物です。

 市内では港区や中川区の、かつての切や割といった大字小字単位で所有されています。稲穂が頭をたれるあぜ道を進むものもあれば、宅地化した地域ではあぜ道ではなく狭い路地を進みます。途中、花と呼ばれるご祝儀をいただきながら、お神酒もいただきながら、地域を一周し、その年の収穫に感謝し地域の安全を祈ります。

 神楽屋形を出すのは一年に一回のところもあれば、二年に一回のところもあります。しかも秋祭の多い10月に集中するので一度にたくさんの神楽屋形を見ることは難しい。神楽屋形がいっせいに集まる神楽寄せはいつ開催されるか分からない。どうしても見たければ、神社を一社一社回り、金魚のフンのごとく地域を回る神楽屋形についていく。でもそれが面白い。

 ああ、こんなすばらしい宝物が名古屋にあったんだ!

と感激しながら歩いています。そうして撮った風景を少しずつお見せできればと思います。
カテゴリ
最近のコメント
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ