名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

旅の空から

【旅の空から】いいっすね。

人間の業、とでもいうものだろうか。
僕は自転車が好きだけど、いまの愛車に乗っていながらほかの自転車を夢見てしまうことがある。
これを浮気性というのかもしれない。
だけどモノである自転車は人間と違い感情がないから僕がどのように考えようと何とも思わないだろう。
切実な問題として、これからもいままで通りFATBIKEに乗っていられるか不安になるときがある。
四十路後半の体には重めの鉄フレームに太いタイヤ、変速のないシングルスピードがきつく感じられるときがある。
自転車に速さを求めるのであればまったく逆を行く。
カーボンなど新素材のフレームに対し鉄、極細のロードタイヤに対し四インチの極太タイヤを身にまとう我がFATBIKE。
でもこの自転車に乗り五年が経過した。

先週、ブレーキ系統を総入れ替えして高校生のころ夢見た「総XT化」した我がFATBIKE。
往年の理想に近づいたわけだ。
ハブもブレーキも快調であるにも関わらず、もし変速があったならとか、タイヤが細かったならとか、欲望を満たすことばかり考えてしまうのだ。
分かるよ分かる。

そうしていまの自転車を売りに出し新しい自転車を買ったとしよう。
新しいバイクを手に入れた瞬間は欲望が大満足するはずだ。
しかし乗っていると、自分が意識せずとも少しずつ不満が蓄積されて、新しいモノを欲しがるのに時間はそうかからないだろう。
そうなれば結局、お金をつぎ込むことになり結果、銭を失うことになるだろう。
少し想像すれば分かることなのに、理性を保ちながら、いや理性を保っているように見せかけて保っていないのだろう、さらに新しいモノを欲しがるようになる。
その繰り返し、それが資本主義の鉄則でもあるのだ。

さて今日は、豊川と新城の古社を巡り、おまけに本宮山を登拝した。
神社の詳しいことは後日掲載するとして、登山に疲れ切って豊川稲荷駅に戻り駅前のコンビニでお茶を買うために店の前にFATBIKEを止めた。
すると店の前でビールを立ち飲みしていた粋なお兄さんがFATBIKEを見るなり「いいっすね」と僕に向かって賞賛してくれた。
僕が「いいっすよ」と返すとお兄さん、「絶対、いいっすよ」とさらなる賞賛の言葉をくれた。

そうだ、僕のFATBIKEはいいんだ! 
改めて自分のバイクを誇らしく思った。
当分はこのバイクでやっていこう、そう思った。

【旅の空から】国道153号線。

名古屋から信州・飯田に向かう国道153号線は思い出深い国道だ。
幼いころ、いつごろかはっきり記憶はないが、父の運転する車に乗って名古屋から飯田に向かった。
当時、父は飯田が好きだったのかどうか知らないが、頻繁に出かけていたことは幼心になんとなく分かっていた。
不確かな記憶だけど、父が用意したガスコンロで飯を炊きハインツの缶詰カレーを温めてカレーライスを作ったことと、僕がどこか知らないところ(おそらく飯田のどこかだろう)で小便をちびって迷惑をかけたことがいまでも思い出される。

僕が小学生低学年のころ、その飯田に小さな家が建った。
忙しい父が、名古屋の実家とは別に家族で過ごすために建てた小さな家はドングリのような形をしたカナディアンハウス。
一風変わったその家で小学生以来、年に数回は過ごした。

父が単身赴任したときは母に連れられて高速バスに乗って飯田に行き、赴任先からやって来た父と合流して数日間過ごした。
家族で東京に引っ越したときは東京から飯田までの距離を父の運転でやって来た。
東京から再び名古屋に戻ってからは家族水入らずで名古屋から飯田を往復した。
そのときに通るのは国道153号線だった。

先週に引き続き、三河国の古社巡礼に向かった。
大詰めを迎えているので残るは行きにくいところばかり。
先週、渥美半島の神社を巡ったので、今日は奥三河の古社二社を巡る旅。
名鉄三河線猿投駅で輪行したFATBIKEを組み立てた。
目指したのは153号線。
猿投グリーンロード発着点である力石を過ぎると見慣れた風景を走った。
ひと昔前までは古民家の壁にキンチョールやアースの看板が張られていて車窓から眺める僕の目を楽しませたが、いまは新しい家に建て替えられ、所々、コンビニにも恵まれている。

最初の野神社へは一時間ほどで到着。
次なる目的地の野見神社へはさらにそこから一時間をかけて走った。
登り基調で正直しんどくはあったけど、父の運転で走っていた道だから景色に見覚えがあり、緊張することなく走ることができた。
むしろペダルを漕ぎながら父のこと、そして父が建てた小さな家のことを考えた。
いまは母が相続しているけど、僕ができる範囲で管理できないか、そのために必要なのは何か...

野見神社参拝後、手元の時計はまだ午前十時半。
早めの昼食を済ませ張り切って名古屋まで走って帰ることにした。
暑い。
午後になり気温は三十五度近くまで上がった。
それでも153号線を通れば安心だ。
よみがえる父の思い出。

父が亡くなる数日前、一台の車を借りて姉夫婦とともに飯田に向かった。
往路には153号線を通った。
父にとっては体力的にしんどい旅だったろう。
蓬莱泉の吟醸工房で休憩をとった。
父をさすがだと思ったのは、普段運転席で車を操っていただけに道には詳しい。
義兄の運転する車の最後列から何かと指示を出していた。
ただ小さな家にいるときさえ、いままで見たことのないしんどさや苦痛を端で見ている僕も感じた。
決して楽な、楽しい旅ではなかった。
飯田には何不自由なく来ていた父がその飯田で苦しみながら過ごしているなんて。

一泊して復路は中央道を通って帰った。
家に着き皆がのんびりしたところで父は、飯田に行けたことを皆の前で感謝した。
一年前までは自分の運転で行けたのに点滴を伴っての飯田行き。
忸怩たる思いがあっただろう。
だけど支えさえあればなんとか行けなくもないというのが父の実感だったようだ。

「これからもどこかに行けるなら連れて行って欲しい」

弱気ともとれる言葉だけど、僕は前向きに捉えた。
点滴をつけた状況でも支えさえあれば行けなくもない。
父にとって自信になったのかもしれない。
仮にもそうであればよかった。

父はその十日後、亡くなった。
だから153号線を走ると何とかして父の思いを受継ぎたいような、そんな気持ちにかられるのだ。

【旅の空から】二十年後の渥美半島。

渥美半島を自転車で走るのは二十年ぶりだった。
当時、誕生日や誕生日に近い日を選んでチャレンジ的なライディングをしていた。
確か二十七歳になって間もない日だった。
朝一番に名古屋市内の家を出てそのまま知多半島を南下。
先端の師崎から船に乗り渥美半島の伊良湖へ。
下船して一路、半島を東へ豊橋に向かい、豊橋からは旧東海道を走って名古屋に戻る予定だった。

師崎からフェリーに乗り伊良湖までは順調だった。
決して体調が悪かったわけではない。
伊良湖に着き豊橋に向う道を走っていると前から横から強い風が吹いた。
前からの向かい風はペダルを漕いで前に進む力を削ぎ、横からの風はバランスを失わせる。
加えてダラダラとした上り坂が続いたものだから豊橋でギブアップ。
友人に頼んで自転車を名古屋まで運んでもらった。

その後、トラウマとなり渥美半島へはなかなか足が向かなかった。
それほど長い距離ではないしムチャクチャな激坂があるわけでもないけど、ギブアップした経験があるとなかなか走ろうなんて気が起きなかった。

三河国の式内社巡りが大詰めを迎え、残りは五社となった。
地図を見るとそのすべてを一日で回ることは難しい。
ここ数日は本格化した梅雨のせいでなかなか晴れ間が見られないので、梅雨の晴れ間の今日は貴重な一日である。
走らない手はない。

前日に名鉄の株主優待券を格安に手に入れた。
これがあれば名鉄区間ならどこへでも行ける。
できるだけ遠いところ、といっても名古屋市内からではせいぜい豊橋くらいである。
名鉄で豊橋へ行き、豊橋からは豊橋鉄道で渥美半島の三河田原まで行くことにした。

この日の目的は三河国渥美郡の式内社、阿志神社一社のみ。
神社については後日書くことにして、往路は三河田原駅まで輪行、復路は豊橋まで自走することにした。
二十年前の嫌な思い出が蘇る。
天気がよいといっても南北を海に挟まれた半島には海からの風が強く吹いていた。
往路はその風にはばまれてしんどい思いもしたけど、逆に帰りは追い風になりの漕ぐペダルも軽く感じた。

午後十二時を少し過ぎて豊橋に到着した。
二十年前のような疲労感はなく、心地よい疲れと空腹を感じた。
一社だけなので午後三時には名古屋の自宅に帰ることができた。

二十年後の渥美半島サイクリングが心地よいものになったのは当時よりも自転車に乗る機会が多く、また肉体的精神的に多少なりとも成長があった、ということだろうか。

【旅の空から】越前行路、おまけ。

福井での楽しい時間はあっという間に終わり、一晩寝ると現実に引き戻された。
今朝からまた仕事である。

久しぶりの自転車通勤。
福井で過ごした三日間は自転車に乗りまくったけど、知らない土地を走るのとルーティン的に走るのとでは気持ちは全然違う。
自転車に乗れるだけありがたいと思うがテンションの上がり方は違う。

恨みごとをいっても始まらないから楽しかった思い出を語ることにしよう。
まず福井では酒がうまかった。
神社巡りを終えて自走で福井駅に戻ってきたあと、自転車や荷物を置いて向かったのは西武百貨店。
その地下一階の酒売り場の取り揃えはなかなかよい。
百貨店の意地を感じられる。
駅周辺にも福井の地酒を揃えるところは多いけど、見たところの印象として売れ筋や全国的な知名度に左右され、地元感に乏しい印象だ。
でも僕のように、福井に来たのだからぜひ地元の酒と素晴らしい出会いを楽しみたのであれば断然百貨店がオススメである。
閉店時間が迫るなか、散々迷いながら買ったのは発泡性の原酒という珍しい一本。

酒とともに福井での楽しみは本屋。
福井駅周辺ではそれぞれ立ち位置の異なる書店が四店ある。
地元書店、古書店、本のセレクトショップ、そして大手チェーン書店。
初日に散歩したときは午後七時を回っておりすでに閉店している店があったので、早く戻ってきた翌日に再び散策。
立ち読みだけで買うことはなかったけど、本屋のハシゴをするのも楽しいもの。
四店とも歩いていける距離にあるのもありがたい。

僕の旅は以前から当たり前のように重い荷物を持っていくことが多かった。
以前ならカメラと三脚、いまは自転車。
その両者があるおかげで行動範囲が広がり、家にいたのでは知らなかったものを見聞することができた。
その点ではありがたいのだけど、旅が終わると疲労困憊の度が年々大きくなってきているのも事実。
自転車に乗れば体力の限りいろんなところに行けるがもっと楽な旅がしてみたい。

理想としては朝早くじゃなく、昼少し前に福井駅に到着し、サイゼリヤでランチを食べたあと駅前の書店をゆっくり時間をかけてハシゴし、ユトリコーヒーで休憩後、酒屋でいまだ飲んだことない酒を買ってチェックインした宿の冷蔵庫で冷やしておく。
夕食は秋吉で焼き鳥に舌鼓を打ち、宿に戻れば冷やしておいた酒を楽しむ。

ペダルを漕ぎながらこんなことを妄想していた。

【旅の空から】越前行路、三日目。

いつものように午前四時半に目が覚めたので、そのまま起きた。
窓の外、福井駅前の広場にはすでに日射しが、時間が早いため動きを止められた恐竜たちを照らしている。

宿をチェックアウトして福井駅に向かった。
前日輪行した丸岡駅からスタート。
通学の高校生たちを横目に駅前でFATBIKEを組み立てた。
当日回る予定の神社は九か所。
丸岡駅を出発し一社目の横山神社を皮切りに福井市内へ向かって走り、九頭竜川の堤防近くに鎮座する黒竜神社が最後だ。

丸岡の城下町を通り過ぎ、連なる山の麓を通ったかと思えば、再び平野に戻ってきたり。
山の緑と広々とした田んぼに青々と伸びた稲という光景を視覚を通して体内に取り込むととても幸せな気分になった。
また田んぼの畦に鳥居が立ちその奥に朱色の社殿が鎮座する多禰神社の姿はとても印象的だった。
田園に鎮座する神社という風景は我が故郷の愛知県にも見られない訳ではないが、米どころ福井とは規模が違う気がした。
そんな風景を見ながらペダルを漕いでいるから、心は癒される。

今回の旅で訪れた福井県北部の神社では主祭神や合祀された神として継体天皇の姿を感じないことはなかった。
どこかの神社の由緒には福井平野が肥沃な大地になり米どころになったのも継体天皇が行なった治水事業のためと書かれていた。

予定していたすべての神社を回り福井駅に着いたのは午後一時半。
名古屋に戻るしらさぎの車中で飲むために福井県産の米を醸した酒を購入した。
名古屋までの二時間半、三日間の旅を思い出しながら杯を重ねた。

【旅の空から】越前行路、二日目。

初日、久しぶりの古社巡礼にハッスルしたせいか、二日目は朝から疲れが残っていた。
午前七時半。
駅前の宿を出発し足羽山近くの神社からスタート。
足羽山に鎮座する足羽神社を参拝し継体天皇像を拝むと、まだ出発から一時間もたっていないのにすでに疲れが出てきた。

二日目に回る予定は十五社。
簡単に来れる所ではないしせっかくの機会、可能な限り回りたい。
神社間の距離が近ければ十分回れる数と思った(以前も同じ数を回ったことがあった)ものの、実際には地図で見るほど近くなく、早々に体力が限界に近づいた。
追い打ちをかけるように宿の朝食も少なかったので力が入らない。

自分でお弁当を持っていかないときの昼食はたいていコンビニで簡単に済ますことが多い。
いつものように広がる田んぼを眺めて走りながらコンビニを探した。
看板を見つけ店の前に自転車をとめた。
店に入ろうとするとすぐ隣はそば屋だった。
一瞬ためらったが、コンビニでは買ったところで外で食べなくてはいけない。
そば屋なら店内で食べられるし注文が出てくるまで休憩も可能だ。
少し値は張るけど、これも古社巡礼になくてはならない投資。
車にガソリンを入れるようなものである。

午後になりそば屋効果(ソースカツ丼とおろしそばのセット)が徐々に感じられるようになった。
予定していた十五社のうち最後の井口神社を訪ねたのは十六時過ぎだった。
一日目は回り終えてから福井駅まで自走したが、さすがにそれは無理だった。
JR丸岡駅まで走り、輪行。

駅前で自転車を分解していると電車待ちしていたおじいさんが出てきた。

「これ自転車かね」

FATBIKEを珍しそうに見て尋ねてきた。
「そうですよ」と答える。
いつもならそこから会話が生まれるはずなのにこちらは疲れているし、おじいさんはじっと輪行の行程を眺めている。
完了し輪行バッグを担ぐとそれまで黙っていたおじいさん、感極まったように「お見事!」と駅中に響き渡る大声で賞賛してくれた。
僕にとってはもう何回もやっていることなのでいまさら珍しいことではない。
でも初めてのひとからすれば、ただでさえタイヤがでかい自転車を分解してカバンに入れてしまうんだから、驚いて当然かもしれない。

宿に着くと荷物を置いて夕食へ。
二日目も初日同様、疲れた体に酒がよくしみた。

【旅の空から】越前行路、一日目。

輪行した自転車を持って福井駅に降り立つのは初めてだった。
敦賀から乗った福井行電車はかなりの混み具合だった。
日曜日というのもあるだろう。

福井駅ではコンビニで軽めの昼食を買い込み三国港行のえちぜん鉄道に乗った。
福井には何度か来ているが三国へは初めてだ。

三国駅で自転車を組み立て出発したのは午後十二時ころ。
枚岡神社の論社である氷川神社を皮切りに東尋坊近くまで足を伸ばし、また橋を渡って大湊神社の奥宮がある雄島へも渡った。

今回の旅では主に越前国坂井郡と足羽郡の神社を回る予定でいる。
あわら市、坂井市、福井市の福井県北部をメーンエリアに巡る。

一日目最後の伊伎神社の論社である白山神社に到着したのは五時。
交通量の多い国道八号線を避けて丸岡駅からの輪行も考えたが今日は宿泊まり。
夕食も荷物を置いたら駅近くのサイゼリヤに行く。
その安心感から福井駅前の宿までも自走することに決めた。

午前中は輪行、午後からは走っていたのでワインと宿に戻ってからの日本酒は疲れた体によく染み渡った。
明日は朝から一日中走りである。
今回の旅は梅雨の時期にも関わらず、予定の三日間はすべて晴ときている。
本当にありがたい。

【旅の空から】三月以来の古社巡礼。

三月十六日ぶりの古社巡礼!

午前四時に目覚まし時計が鳴った。
もうこんな時間かぁ、とゆっくりと布団から出て朝食と出かける準備を同時並行で行う。
五時に家を出て最寄りの駅に向かう、そして輪行。
早朝の駅前風景も輪行する場所も以前と何ら変わりはない。
コロナ禍による外出自粛でここに来られなかっただけである。

自転車には乗っていたが、輪行するのは三月以来。
この間、自転車を分解したのは通勤の汚れを落とすときにタイヤを外したくらいだ。
だから今朝の輪行は緊張した。
といってもここ数年、何度もやっていることなので心配は杞憂に終わった。
体が手順を覚えていたので難なく完了。

今日のコースは豊橋から西幡豆までの参河国の神社を巡る。
ざっと地図を見たところではスタート直後の石巻山の頂上付近に鎮座する石巻神社山上宮に登る必要があるものの、コース自体にハードな坂などは見当たらなかった。
三ヶ月前であれば何ともなかったと思われるが、そこは久しぶりの長距離。
昼を過ぎたところで疲れが出てきた。
緩やかな風が吹く程度にもかかわらずペダルを漕ぐ足が重い。
平野部なのにスピードに乗らない。

昼からの神社は二社なので慌てる必要はないけど、久しぶりの長距離に体がついていかないというのがよく分かった。
乗り続けないと体が仕上がらない。
年齢的なものもあろう。

再来週には泊まりで越前の神社を回る予定でいる。
暑さも加わるだろうから、ちゃんと走れるかどうか不安になった今回のサイクリングだった。

【旅の空から】机上の島旅。

僕の住む愛知県は政府の緊急事態宣言がすでに解除している。
しかし県の宣言はまだ継続中なので不要不急の外出は控えている。
外出といえば買い物くらい。
FATBIKEもコロナ禍では買い物と通勤専用の自転車である。

この時期の過ごし方としては近い将来に以前のような外出ができることを祈って、そのときのための準備をすることに限る。
FATBIKEでの古社巡礼の下準備としてルーズリーフに神社の所在地と祭神、メモなどを書き記していることは以前書いた通り。
古社巡りのテキストである「式内社調査報告」を見ながらの作業。
今日はどこの国にしようかなと考えていたら、島の式内社はどんなだろうと頭に浮かんだ。

式内社は不思議なことに島にもある。
代表的な島として対馬、壱岐、隠岐の島、佐渡島、淡路島がある。
島というと離島というイメージが強いけど、式内社的には島にこそ歴史ある大社が多い。
昨年訪ねた隠岐の島には数こそ少ないものの、出雲大社がある出雲国よりも名神大社数が多く、また開拓神を現すような神名がそのまま社名になったような神社も多かった。
そこで今日の目標、淡路島と佐渡島の神社を書き出すことにした。

両島とも名古屋から行くには時間がかかる場所である。
だからなるべくなら一度の滞在ですべての神社を巡りたい。
ちなみに佐渡島九社、淡路島十三社(論社があるのでプラスα)
その気になれば数日の滞在のうちに終わってしまうそうな数であるが、島の交通事情までは把握していないので、隠岐の島でもそうであったように、思いがけないトラブルが起こる可能性もゼロではない(隠岐汽船に乗るため境港に向う途中、あろうことか境港線が軽トラとぶつかり運休停止になった)

いまは外出を控える身。
机の上で本とルーズリーフをにらめっこしながらここに行けたとき、一体どんな旅になるだろうか、と想像を巡らした。
でも想像は想像に過ぎず、僕の旅は現地に行ってなんぼなもの。
早くコロナが落ち着いて再び旅路につけることをいまかいまかと楽しみに待っている。

【旅の空から】古社巡礼写真、インスタに。

出雲、隠岐に続いて若狭国の古社巡礼記を書いていたけど、いつしか終わってしまった。
次の国に移ってもよかったのだけど、このところのコロナ疲れで、そんな気分になれない。
次はいつお出かけできるのだろう、と気をもむ毎日。

紀行文は書きたい気持ちが出たとき書けばよいから、とりあえず少しずつ何かをやろうと、インスタグラムに巡礼写真を投稿することにした。
インスタグラムを始めて数年になる。
これまでも何となく写真を上げてはいた。
しかしとくにテーマもなくただなんとなく。

僕が古社巡りをするときには一社につき必ず数枚から数十枚の写真を撮っている。
にも関わらず、それをインスタに載せようという発想はなかった。
写真にはどこの神社か分かるように社名が刻まれた標柱や鳥居とともにFATBIKEも画面に入れるようにしている。
そうすることで自転車で古社巡りをしているという証拠にもなる。

ちなみに写真はすべて黒白。
神社は森というくらいで緑が多い場所だけど、最近の神社には場所によって人工物が置いてあることがあるから、色彩的にうるさい写真になってしまう。
黒白だと色はすべて黒か白、統一感を出すにもグッドなのだ。
一眼レフで撮っていた時期に比べてコンパクトカメラで撮る写真ということもあり、見栄え的にどうかという問題が発生しているのはご愛嬌。

コロナ禍の終息は現時点では予測できず、堂々と出かけられるのはいつになるのか分からない。
だけど、これまでかなりの数の神社を回っているので投稿には当分困ることはないだろう。

一日でも早く終息に向かうことを写真の神社に祈りながら投稿している。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ