名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

旅の空から

【旅の空から】坂からハブトラブルまで...

一年ぶりに飯田線に乗った話を書いたのは目的地に到達する前に車内でのこと。
そのときはそれから大変なことが待っているとはつゆ知らず、のんきなものだった。

十時五十八分に向市場駅到着後、駅前でFATBIKEを組み立てていると、いつの間にか近所のおじさんが傍でその光景を見物していた。

「山住神社まで行くんかね。神社は頂上にある。五度は低いよ」

十一時十五分に駅出発。
FATBIKEに乗って行けたのはそこから三十分もたたないところまで。
延々続く坂道に変速機がない我が愛車では歯が立たない。
駅で出会ったおじさんは「三十分くらいで着くよ」といっていたがそれは車での話だろう。
三十分どころか一時間経過してもなお山頂は程遠い。

背中に降り注ぐ日光。
シャツは汗だく。
こまめに休憩をとりながらFATBIKEを押して歩く。
幸い山頂近くには湧き水が出ていたので頭からかぶり顔じゅうの汗を落とし、ミネラル分が多い水は水筒に確保した。

しばらくすると山頂に到着。
山住神社は遠江国周智郡の茅原川内神社の論社である。
参拝後、向かい側の茶屋で団子とお茶をいただき、これの先のことを考えた。
当初、森町方面の神社を訪ねる予定でいたが、山頂到着時、すでに十三時を回っていたのでそこからさらに50kmを走るのは体力的に無理と判断。
スーパー林道から秋葉神社経由で浜松まで走ることにした。
途中、疲れたら西鹿島から遠鉄線に乗ることも可能だ。

「少し登るけど、そのあとはずっと下りだから、こがんでもいいら」

茶屋のおじさんの言葉を信じていざスーパー林道へ。
確かに三十分ほど登ったが、峠にさしかかると一気に下った。
が、しばらくすると下りも落ち着き、再び登り。
登っては下り、を繰り返す。

気温は低く、山頂付近ではツクツクボウシやヒグラシといった秋のセミが盛んに鳴いていた。
すると突然、霧が立ち込めてきた。
時折、太陽が顔を出していたが、そのうちポツッと落ちたかと思うと次第に雨足が強くなった。
雨宿りできそうな場所はなく、葉っぱが密に茂った木の下に潜り込んだが、雨足の強さは木の下も侵入してきた。
ネットが繋がらないから雨雲レーダーで確認することができない。
ここで待つしかないのか、それとも行こうか。
時間は十五時過ぎ。
一か八かで外に飛び出し、大雨をモロに受けながら走った。
登り坂も立ち漕ぎで一気に上がる。
頭から足先まで強い雨を浴び、ビショビショになった。
それでも所詮、通り雨だ。
しばらく行くと日差しが現れ、そのうち道路には雨が降った痕跡すらない場所に出た。
もう少し早く進めていたら濡れずに済んだかもしれない。
だがその先も登ったり下ったりの繰り返しで、ついには「また登りかよ」と強い語気の言葉が口から出た。

状況が変わったのは秋葉神社本宮の鳥居が見えてきたころだ。
茶屋のおじさんの言葉はここからではないかと思うほど、一気に里に下った。
落石や側溝の蓋があったりするから舗装路とはいえかなりのラフ具合。
FATBIKEにはうってつけのコースだった。
そしてとうとう里に出た。
そこからは川に沿って走っていけば浜松の市街地に到着する、はずだった。

昨年訪れた西鹿島駅を通り過ぎたころだった。
後輪がやけに重い。
気のせいかと思ったがだんだん重くなってくるので止まって後輪を確認したところ、大変なことになっていた。
緩んだハブのナットがいつの間にか、クイックレリーズのナットとフレームを挟んで絞めあっていたのだ。
少し緩んでいたのは知っていたけど走りに支障がないのでそのままにしていた。
それが下り坂の振動でさらに緩み、最終的には絞めあう状態になったのだ。

このままでは走れないので遠鉄線で輪行することにして駅に向かった。
その前にタイヤが外れるかどうかと試してみたが、かなりきつく絞めあっているので工具がないと外せない。
駅に着き、何度かトライするものの自力ではまったく歯が立たない。

その状況に途方に暮れた。
タイヤを外せなければ輪行は無理だ。
このままでは帰れない。
かといってここにい続けることもできない。
だが無理を承知で輪行してみることにした。
後輪はそのまま、前輪とハンドルを曲げて袋に収めた。
後輪は半分出てはいるが、ギア部分は輪行袋の先端で隠してお茶を濁した。

遠鉄線に無事乗り込んで新浜松へ。
JR浜松駅ではひとが多すぎてインチキ輪行も気づかれず無事構内へ。
豊橋行、米原行ともになんとか車内に持ち込み、最後は地下鉄で自宅まで持って帰ることができた。

ハブトラブルは出雲でもあったがここまでひどくならなかった。
そろそろ寿命かな。
それを思い知る機会となったわけだが、相当冷や冷やしたので、もうこんな経験ごめんである。

坂からハブトラブルまで、大変な一日だった。

【旅の空から】飯田線にて。

午前八時十一分、飯田線が豊橋駅を出発し、車上のひととなった。
飯田線は昨年九月に豊橋から岡谷まで乗車して以来。
ちなみにその前月八月には古社巡礼で遠江国の神社を回っているから一年ぶりの乗車である。

出発時間よりも二十分ほど早めにホームへ輪行した自転車を持ち込んだ。
青春18きっぷが利用できるこの時期、秘境列車として人気のある飯田線には多くのひとが乗車する。
だから自転車という大荷物を持って行く以上、場所の確保が最優先になる。

飯田線のホームは一番線と二番線でどちらも同じ位置に停車する。
向かい側に停車した電車の位置から自転車を置くスペースをあらかじめ確認しておく。
もちろん座席の確保も重要課題である。
目的地の向市場駅到着は十時五十八分、豊橋からの所用時間は二時間四十七分、三十三個目の駅である。
電車に乗っている時間が長いのは飯田線の宿命。
できるだけ早めにホームにいるようにするのは、三時間近い乗車をできるだけ快適に過ごしたいからでもある。
車窓からは外の景色が眺められるがとても暑そうだ。
時間もかかるし暑い、だから苦行のような旅。

向市場は昨年訪れた相月駅の二駅先、なぜ昨年行かなかったのだろう。
見落としかもしれないし、神社が駅から遠い山の山頂にあることから避けたのかもしれない。

先日、近江国の式内社で回ることのできる神社を回り終えた。
できれば今後、回り始めて以来数年経過している遠江国や若狭国も終えたいと思っている。
やりたいことは多いけど神社巡りはスタンプラリーではない、あくまでも巡礼である。
単にペダルを漕ぐだけでなく、その土地ならではの自然や森の姿を眺めたり、未知なる酒との出会いなどすべてが混じり合って僕の古社巡礼になり経験という血肉になる。

時間もかかるし体力も消耗する旅だけど、無理なく自分のペースでやっていければいいのだ。

【旅の空から】近江の幸。

青春18切符を使って滋賀方面にお出かけ。
醒ヶ井の梅花藻と醤油アイスクリーム、そして愛荘町の酒蔵、藤居本家のお酒「旭日」。
近江の幸を堪能した一日!
帰宅後、疲れてしまってブログは短文しか書けずこの有様...

【旅の空から】尾張、伊勢、志摩、出雲、隠岐、そして近江。

昨日、滋賀県高島市をFATBIKEで巡った。
ブログの追伸にも書いた通り、これで近江国の式内社と考えられてる神社は“いちおう”回ったことになる。
廃絶社や回りにくい神社をのぞいてということではあるが、ひとまずこれでキリをつけようと思う。

尾張国から始まった式内社を訪ねる旅は尾張、伊勢、志摩、出雲、隠岐に続き近江国で六カ国目になる。

「延喜式」によれば近江国の式内社は百五十五座。
大和、伊勢、出雲に次ぐ四番目である。
単純に座数を社数に換算しても百五十五社。
そこに論社が加わるので数は膨れ上がる。
歴史のある場所だけに一ヶ所に確定できないケースが多々あるようだ。

当日はJR湖西線安曇川駅まで輪行した。
駅前でFATBIKEを組み立てて、向かったのは高島市朽木。
目指すのはすべて高島郡の神社で、大川神社二社、小野神社、大野神社、熊野神社の五社。
数としては多いわけではないのだが、とにかく遠い。

スタートして最初に目指したのは当日もっとも遠い朽木生杉。
緑のなかを走るとはいえ日中の気温は32度まで上がった。
上り基調の往路はそれでも体力があったので二時間以上をかけて大川神社の論社である大宮神社に到着。
その後近くの大川神社にも参拝した。
話を聞いたおじいさんによれば安曇川よりも小浜の方が近く、この辺りは文化的に若狭の影響を受けていると話してくれた。
そんな遠くまで来ておきながら、一時間もおらず再び安曇川方面へ。
小野神社と大野神社、両社の論社といわれる市杵島姫神社、そして日も暮れかけたころ最後の熊野神社に到着した。

考えてみれば青春18きっぷの出るころを中心に訪れた近江国の式内社。
日差しの強い暑い夏と雪が吹雪く寒い冬、どちらかの記憶しかない。

それでも事故もなく無事に回り終えることができた。
本当にありがたい。

【旅の空から】一年ぶりの近江国。

午前五時五十分。
あと二十分ほどで出発。
持って行く荷物、自転車ともに準備はOK。

FATBIKEに乗って古社巡礼の旅に出かけるのはひと月以上ぶりである。
松江での「プチ移住」を六月七日に終えると同時に隠岐の島に渡り、名古屋に帰ってきたのが六月十一日。
それ以降、休憩と称してFATBIKEに乗るのは近場の買い物以外にはなかった。
また七月に入り少しずつ仕事を始めると時間が縛られるため休職中のように時間が取れないのと、梅雨がなかなかあけなかったので、思い切って青春18きっぷを二冊購入した割には使うことがなかった。

本日の目的地は滋賀県高島市。
松江に行く前、友人と滋賀を訪れているから久しぶりというわけではないけど、近江国の古社巡礼として訪ねるのは一年近く間があいているはずである。
竹生島への上陸は昨年八月だから、すでに一年が経過しようとしている。

外からセミの大合唱が聞こえる。
新聞記事には梅雨明け後にはとくに熱中症への注意が必要と書かれていた。
出発地点の近江今津駅から大川神社までは片道三十キロ超。
湖西地方も暑くなることが予想される。
焦らずのんびり、素敵な景色に出会えるサイクリングを楽しみたい。

※追伸。
高嶋郡の熊野神社を回ったことで、近江国の式内社で現在確認できる神社はすべて回ることができた。
時間がかかったけど、目標を達成できてとても嬉しい!

【旅の空から】京都はいい。

一年ぶりの京都。
夏の青春18切符が7月20日から使えるようになった。
気合いを入れてのっけから二枚購入。
ちなみに金券ショップで買えば一枚につき百円安い。

昨年の夏と同じように、名古屋を発った僕たちはまず、米原で北陸本線に乗り換えて敦賀へ。
敦賀では早めのランチタイム。
駅から歩いて行けるスーパーの惣菜コーナーでさば寿司とさばの唐揚げを購入して、休憩コーナーで早めの昼食をとった。
滞在時間は一時間ほど。
食べ終わると駅に急行して、湖西線に飛び乗った。

湖西線が好きなのは敦賀が始発であり、常に車窓から琵琶湖が眺められ、時間帯にもよるけど楽に座っていけるから。
窓辺に小瓶の日本酒を置いて景色を眺めながら一杯、といきたいところだけど、本を読んだりしゃべったりしていて景色を見る余裕はなく、気がつけば電車は山科まで来ていた。

京都駅に着いたら京阪七条まで歩き京阪線で出町柳へ向かった。

下鴨神社でこの時期開催している「御手洗まつり」へ。
境内にある御手洗池のなかに入り無病息災を祈って歩く。
歩いたあとは足形の木片に祈念するひとの名前と年齢を記入して井上神社の祠の前に浮かべる。
蒸し暑い京都にあって天然の涼を足先から得られるのが嬉しい。

神事の次はお買い物。
京都ならではというわけではないけど、棕櫚のタワシとがま口は僕が京都で買うものの定番。
三条大橋を起点にがまぐちは東詰のまつひろ商店、タワシは西詰の内藤商店で買うことにしている。
がま口も棕櫚のたわしももう長いこと使っており、生活に欠かせないものとなった。

長いこと、といえば長いこと通っているラーメン店もある。

三条から再び京阪に乗って東福寺駅で下車。
駅前の本町通り沿いにある「大黒ラーメン」
黄金色に濁っているけどあっさりしたスープに唐辛子ミソをさじに一杯分溶かし込んで麺を思いっきりずるずるすする。
それももちろんうまいけど、スープを楽しむなら麺だけでなく、別に注文したライスをレンゲにすくい、スープに浸して食べるのがおすすめ。
この食べ方も数年来だ。

京都は僕が大学時代を過ごした町。
懐かしさもあるけど、卒業後に何度も何度も来ているから、住んでいたころの記憶と遊びに来て改めて発見した楽しさが混在している。
そんな町は日本で京都しかない。

青春18切符の期限は9月10日まで。
それまでに何度来れるだろうか。

【旅の空から】さば寿司サイクリング。

SNSを通して、大学時代の自転車仲間が連休中に単身赴任先の新潟から滋賀の家に戻ることを知った。
連絡を取るとすぐに一緒に走ることが決まった。

「本気走りせず、うまいもんを目的に走らへん?」

もとより早く走れない僕に提示したのは鯖街道にさば寿司を食べに行く計画。

「手加減してよ、自転車の種類が違うから」

彼はロードバイクで僕はFATBIKE。
タイヤ幅はざっと四倍。

彼とは大学は違うけど、お互いが所属していた大学サイクリング団体のイベントで知り合った。
自転車好きという一点のみで意気投合。
四年間を通して、サイクリングはもちろん、キャンプや琵琶湖でのバス釣りを楽しんだりした。

卒業後もその縁は続き、ことあるごとに連絡を取り合っていた。
そんな彼も二十代前半に結婚し、いまでは二人の娘のパパである。
四年目の単身赴任に少しいらついていはいたけど、仕事も家庭も大切にするナイスガイな一面を幸せそうな横顔に見いだすことができた。

ただ、彼を長く知る者として気になることがある。
大学時代からそうだけど、凝り出したら猪突猛進、一気に突き進む。
僕も同じような性格だから親しくなったのだけど、いうなれば僕の百倍はすごい。

その彼が再び自転車にはまりつつある。
すでに乗れる一台を持っていながら、数日前にオークションサイトでロードバイクのフレームを落札。
カメラを売却したお金を軍資金にパーツをつけようと考えたらしい。
だけど、安いものをつけてあとで買い直しするよりは最初からいいものをと考え、予算オーバーでいい部品をネットで取り寄せたそうだ。
ちなみにオーバー分は奥様に借金をしたらしい。

ひとつのことにかける情熱は僕の比ではない
ケチケチしながら明日に備える僕にはない、とことんいまを楽しむ豪胆な性格は昔と変わらず彼を輝かせている。

安曇川沿いを上流に向かってひたすらペダルを漕ぐ。
だらだらした道。
顔を上げると芽吹いたばかりの新緑が山をフレッシュに彩る。
さば寿司は肉厚ぷりぷり。
酢が効きすぎず、マイルドなところが好みで他の店には行かないという。
彼の行きつけだ。

一緒に走るのは大学卒業後初めてだった。
お互い年齢を重ねている。
二十代のころの行き場のない余分な力をペダルに向ける余裕はなくなった。
のんびりトロトロ。
ストイックさだけでは続かない四十代。
おいしいものというエサがないと。

【旅の空から】ファスナーの悲劇。

前回の旅のゴール、天竜浜名湖鉄道金指駅。
FATBIKEを駅前のベンチで分解、輪行バッグに詰めようとファスナーを上げたとき、悲劇は起こった。
ファスナーの歯が欠けていたことをすっかり忘れていた。
旅を終えた安堵感からか勢いよく引っ張ったところ、あろうことか片側のレールが外れてしまったのだ。

やっちゃった…

これ、じつは二回目。
悲劇は繰り返された。

しかしこの場に旅の相棒を置いて帰るわけにもいかず、何とかならないか考えた。
結論からすればバックが閉じていれば電車に載せられるわけだから、閉める方法を考えればいい。

手元には分解に使った折りたたみツール。
プラスドライバーを取り出し輪行バッグのファスナーを挟んで対照的に穴を開ける。
いくつか開けたら余ったストラップを穴に通す。
ちょうど靴ひもを通す要領である。
それをバッグの上下二ヶ所作ってやるとかうまく閉じた。
もちろん無事帰宅。

しかしいつまでも短いストラップというわけにもいかず代わりを探していたら、スニーカーを処分することになり、靴ひもを輪行用に抜き取った。

早速、今朝の輪行事に使ってみたところ、まぁ見た目は難ありだけど、電車に乗っても使用感に問題はない。
当分使えそうである。

【旅の空から】輪行さん、久しぶり!

三カ月ぶりの古社巡礼の旅に出る。
自転車の旅といえば輪行。
久しぶり過ぎて戸惑わずにできるか心配だった。

FATBIKEを駅前のベンチにとめ、輪行の準備に取りかかる。
以前はひと月に何回か輪行する機会があった。
そのため輪行テクが磨かれスピードは上がっていった。
だが、三カ月も時間が空いたとなれば元に戻っていたとしても不思議ではない。

サドルバッグを外してシートを下げる。
フレームをクルッとひっくり返し前後のタイヤを外してブレーキローターに、またフレームやフォークの先端にカバーをかける。
フレームの左右をタイヤで挟み込みストラップで固定すれば大方、完成だが、ここからがひと苦労。

寝かせたフレームを広げた輪行袋で覆い、フレームを立ててファスナーを閉めて完成!
と思いきやフレームの先端がひっかかり閉まらない。
焦りに任せて強引にファスナーを引っ張ると歯が飛んでしまう。
経験的に中のタイヤがうまく収まっていないことが多いから、袋に手を入れてタイヤのポジションを変えてやるときれいに閉まった。

完成!
時間にして十五分ほど。
体が手順を覚えていてくれたようだ。

【旅の空から】久しぶり! 古社巡礼の旅!

FATBIKEに乗っての旅は九月五日以来である。

ひと月以上も時間が空いた。
だから今朝、出発の準備をするにも、前はどうしていたから思い出しながらやっていた。
輪行の用意とカメラはサドルバックへ、昼食用のアルコールストーブや燃料、遠江国の神社一覧表はフレームバックに詰めた。

さて、こんなもんかな、そうそうモバイルバッテリーを持っていかないと。
スマホの地図を見ながらだとすぐ充電が減ってしまう。
防災用も兼ねて購入しておいたのだ。

午前四時起床。
味噌汁を作りながらコーヒーを淹れる。
これは毎朝のことだからいいとして、ほかにやることなかっただろうか…
電車内で自転車を詰めた輪行バックが倒れないように手すりにヒモをからげるためのガラビナを忘れてた。
こいつがないと席が空いていても安心して座っていられない。

前回、九月初旬は家を出る五時ころといえばすでに明るくなっていた。
流石に十月の中旬ともなると一面、真っ暗。
しかも肌寒い。

久しぶりの旅だからいろいろと不手際が見つかるかもしれない。
けど、待ちに待った旅でもある。
カテゴリ
最近のコメント
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ