名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

コラム・エッセイ

【暮らしの窓から】写真整理とカメラ。

松江「プチ移住」とおまけの隠岐の島の旅から帰宅して明日で一週間。
旅の間に撮影した写真の整理がようやく今日、終了した。

整理といっても写真家さんのように大きなディスプレイを使いながら作品を確認というわけではなく、ノートパソコンの画像プレビュー機能を使い、流れ作業的に写真を次から次へと確認していくだけだ。
基本的には神社一カ所に対して残す写真は五枚。
残す写真を決めたら次に名前をつけていく
例えば2019年5月16日撮影分であれば「190516○○神社1」というように。

デジカメを使うようになって以来、写真を撮る枚数が格段に増えた。
そのため、ものぐさな僕の経験上、旅先から帰宅してすぐに整理を始めないと、必要な写真だけを撮り出してあとはそのまま、という放置状態に陥ってしまう。
そうなったら最後、SDカード内で数年間、眠りについてしまうのだ。
つい最近もカードを確認していたら中身がぎっしり詰まった数年前の東北の旅の写真たちが出てきた、桑原桑原...

フォトショップが入ったマックが自宅にあったころは家で写真を加工していた。
マック処分後はレンタルパソコンサービスを利用して、ブログに載せるための作業をしている。
作業の中身はリサイズとカラー修正という単純作業。

それを延々と行う訳だが、枚数が多い分、途中で飽きる。
するとダレるので、それがとんでもないミスの発生につながる。
情けないことにこれもすでに何度か経験済み。
出雲国と隠岐国で130社近くは回っているはずなので、一回の作業は郡(出雲郡や意宇郡など)にして二〜三郡くらいにとどめておくつもりだ。

一方、写真の整理にめどがついたところで、旅の間、調子が悪くなった愛機リコーGR2の修理手配をようやく済ませることができた。
わがままなご主人さまに従順に付き従ってくれたGR2。
FATBIKE同様、大切な戦友である。

【暮らしの窓から】「スーパー弁当」のお昼。

休職後の僕は毎日日曜日なんだけど、曜日的に今日は本当の日曜日。
松江から帰って以来、久しぶりに午前八時ころまで寝床でごろごろしてから起きた。

「サンデー毎日」とはいっても普段、午前五時には起きている自分。
たまにはゆっくり起きるものいいもんである。
お湯を沸かしコーヒーの支度をし、パンを焼いてゆで卵を作る我が家のモーニング。
パン食の朝なんて久しぶりだ。

朝がゆっくりだった分、お昼もゆっくり。
自宅近くのスーパーに買い物に行ったところ、普段買わないようなお弁当に見切り品シールが張られた状態で売られていた。
そば類は二十円引き。
妻と自分の分をかごに入れ、それだけでは足りないからとさらに唐揚げ弁当をかごに入れた。

弁当は楽だけど、プラスティック容器のまま食べるのは味気ない。
割子そばと唐揚げ弁当を容器から出して、陶器製の器に移し替えた。
もちろんそれがスーパーのお弁当を買うことへの贖罪になるとは思わないけど、プラ容器のまま食べるのとは気分的に別物の感覚になる。

スーパーでもコンビニでもいつの間にかプラ容器ありきで弁当が売られている。
昼食の「スーパー弁当」はそばも唐揚げも思った以上においしかった。
その半面、食べ終わるとすぐに容器はゴミになってしまうのが残念だ。

日曜日じゃなければ、僕の好きなベーカリーでチーズがたっぷり練り込まれたパンを買うんだけどなぁ。

【暮らしの窓から】天気がおかしい。

岐阜県揖斐川町にある妻の実家に来ていた。
そろそろ帰ろうかと準備していた午後七時半ころ、急に大雨が降ってきた。
雷を伴い、時折ピカッと光る。

帰り間際に大雨が降るなんてタイミング悪いなあと思っていたけど、揖斐駅に着くころには大雨を降らせた雨雲はすでに移動していた。
あの大雨は何だったんだろうと、あっけにとられた。

今朝の新聞天気欄を確認すると今日の天気は雨の予報。
朝から晩まで各時間帯に傘マークが並んでいた。

だけど妻の実家のある岐阜県西濃地方では日中に雨が降ることはなかった。
午後二時ころ、妻の実家から歩いて行ける酒蔵まで酒を買いに行ったときにはうっすら日が射していたくらいだ。
ところが夕方になって急な雷雨である。
天気がおかしい。

僕が松江に「プチ移住」していたときに雨が降ったのは三日くらい。
休みに重なったり、朝のうちに止んでしまったから、自転車で走りに行くことをやめた日はなかった。
自転車で走ることがメーンである以上、雨よりも晴れの方がありがたいに決まっている。
その意味で天気に恵まれた松江生活だったわけだけど、田植えの季節に重なるので、少雨を手放しで喜んでばかりもいられない。

その雨だけど、梅雨に入った割には降らず、空梅雨の様相を呈している。
僕の知っている梅雨は朝から一日中、しとしと降り続いていた気がする。
このところの雨は降るとなったら一気に大量の雨が降るドカ雨である。
まるで熱帯地方のようだ。

最近、四季が以前と比べはっきりしなくなったこともあり、日本はこのまま熱帯に移行してしまうのだろうか。

【くらしの窓から】「プチ移住」後の暮らし。

今朝、妻の出勤時に一緒に金山駅まで歩いて行き、駅で別れたあと、僕は東別院と大須まで歩いて行くことにした。

松江に「プチ移住」する前はそれが習慣だった。
信心深さより体がなまらないようにという目的である。

東別院では大広間の前方、焼香台のある場所に座り、ひとつまみ焼香して無事に帰ってきたことに感謝した。
次の大須観音でも同じくお礼参りを行った。

お参りが済むと名古屋駅近くの銀行で「プチ移住」でかかった経費の精算。
結果的にそこそこお金はかかった。
けど、出雲国だけでなく隠岐国の式内社も回ることができたわけだから十分な投資である。

午後からは古社巡礼時に撮った写真を整理した。
回った神社が多い分だけ、当たり前だが撮った写真も多い。
昼下がりの書斎。
涼しい風が部屋に入ってくる。
暑くもなく涼しすぎもせず、気温はちょうどよい。
メモ帳や神社の一覧とにらめっこしながら画面の写真に名前をつけていく。
ただそれだけのことなんだけど、ついついウトウトしてしまう。
途中、目をつむると夢のなかに引き込まれそうになるから、ベランダに出たり、パーコレータで熱々のエスプレッソを淹れたり。

結局、午後五時までには終えることができなかった。
今日はこれでおしまい、続きはまた明日。

【くらしの窓から】「プチ移住」から一夜過ぎ...

「プチ移住」から帰宅してひと晩がたった。

昨日は隠岐の島から名古屋の自宅まで、船、特急、新幹線を経由して帰ったからか疲れてすぐに寝てしまった。
いつもなら午前五時には起きるのに今朝は六時まで起きられなかった。

仕事に行く妻を見送ってからは荷物の片付けや「プチ移住」で使ったお金の精算など残務処理的なことに追われ、輪行したままになっていたFATBIKEを組み立てた。
その後、十一時ころに家を出て銀行や床屋など用事を済ますため金山駅まで歩いて行った。
久しぶりに名古屋を歩くのに、実際歩いてみると懐かしいという思いはわかない。
ひと月くらいでは風景は変わらないだろう、そう思っていたら知っている自転車店が閉店になっていた。
僕がいない間でも名古屋は刻一刻と変化していた。

「プチ移住」はもう終わった。
今後はこれから先の身の振り方を考えなくはいけないけど、これといってやりたいことはない。
だけどお金の問題、というより、何かをしていないと落ち着かない僕の性格上、何かをやって動いていたい。
でも休職中の身。
おおっぴらに動いてはいけない。
あくまでも控えめにこっそりと。

今晩は我が家近くのとんちゃん屋さんで久しぶりの夕食。
僕がこうして無事に「プチ移住」をやれたのも妻が「行ってこい!」と背中を押してくれたからに他ならない。
松江に行く前日ステーキハウスで壮行会まで開いてくれた。
今晩はそのお返し、無事旅を終えられたことの感謝を込めて! 

明日からは名古屋にいたときにやっていたように、自宅から大須観音までウオーキングを始めよう。
「プチ移住」の効果はすぐには現れないと思う。
むしろ普段通りの生活を送るなかに少しずつ、その経験がしみ出してくるのではないかと期待している。

【FATBIKE古社巡礼!】出雲国「プチ移住」日記 5日目。

松江市と出雲大社、出雲市を結ぶ一畑電車。
松江滞在六日目にしてようやく初乗車となった。

今日は「一畑電車感謝祭」の日で、驚くべきことに、乗り降り自由、しかも運賃まで無料というとんでもない日である。
「鉄ちゃん」というほどではないけど鉄道好きな僕もさすがに、一日でも運賃が無料になる電車に乗ったことはなかった。
松江に来る以前にホームページでは確認していたけど、何かの冗談だろう程度に思っていた。

今朝、JR松江駅近くのマンションから一畑電車の「松江しんじ湖温泉」駅まで歩いたが、もし無料じゃなかったら今日の予定は大幅に狂う、そう頭のなかでごちゃごちゃ考えを巡らしていた。
しかし駅に近づくと駅に吸い込まれていくひとの姿を見かけた。

「やっぱ本当だったか」

その思いは改札で駅員から「どうぞ乗って下さい」と声をかけられて本当だと確信した。

ホームにはオレンジ色の出雲大社前行きの普通電車が停車していた。
車内はすでに満員。
幸い席は確保できたが次から次へと乗客が乗ってくるので、出発時には乗車率は200%くらいまで達していたのではないだろうか。
車内放送ではしきりに「多客ため...」を連発していた。

数年前、僕が乗った一畑電車はガラガラ電車だったから満員の車内を見渡すとにわかにしんじられない。
もらったチラシには第4回と書かれていたので、僕が乗ったあとに始まった企画らしい。

勝算があっての企画だと思うから、考えたのはすごく仕事のできるひとか、逆に普段仕事はできなくても、あるときとんでもないことを発想してしまうひとなんだろう。
こんなことを他の鉄道でもできるのだろうか。考えついたとしても反対にあってボツになるのがオチだろう。
そこをやってしまう一畑電車はスゲえ。

座ることができず、つり革につかまりながらそう考えていた。

【旅の空から】さば寿司サイクリング。

SNSを通して、大学時代の自転車仲間が連休中に単身赴任先の新潟から滋賀の家に戻ることを知った。
連絡を取るとすぐに一緒に走ることが決まった。

「本気走りせず、うまいもんを目的に走らへん?」

もとより早く走れない僕に提示したのは鯖街道にさば寿司を食べに行く計画。

「手加減してよ、自転車の種類が違うから」

彼はロードバイクで僕はFATBIKE。
タイヤ幅はざっと四倍。

彼とは大学は違うけど、お互いが所属していた大学サイクリング団体のイベントで知り合った。
自転車好きという一点のみで意気投合。
四年間を通して、サイクリングはもちろん、キャンプや琵琶湖でのバス釣りを楽しんだりした。

卒業後もその縁は続き、ことあるごとに連絡を取り合っていた。
そんな彼も二十代前半に結婚し、いまでは二人の娘のパパである。
四年目の単身赴任に少しいらついていはいたけど、仕事も家庭も大切にするナイスガイな一面を幸せそうな横顔に見いだすことができた。

ただ、彼を長く知る者として気になることがある。
大学時代からそうだけど、凝り出したら猪突猛進、一気に突き進む。
僕も同じような性格だから親しくなったのだけど、いうなれば僕の百倍はすごい。

その彼が再び自転車にはまりつつある。
すでに乗れる一台を持っていながら、数日前にオークションサイトでロードバイクのフレームを落札。
カメラを売却したお金を軍資金にパーツをつけようと考えたらしい。
だけど、安いものをつけてあとで買い直しするよりは最初からいいものをと考え、予算オーバーでいい部品をネットで取り寄せたそうだ。
ちなみにオーバー分は奥様に借金をしたらしい。

ひとつのことにかける情熱は僕の比ではない
ケチケチしながら明日に備える僕にはない、とことんいまを楽しむ豪胆な性格は昔と変わらず彼を輝かせている。

安曇川沿いを上流に向かってひたすらペダルを漕ぐ。
だらだらした道。
顔を上げると芽吹いたばかりの新緑が山をフレッシュに彩る。
さば寿司は肉厚ぷりぷり。
酢が効きすぎず、マイルドなところが好みで他の店には行かないという。
彼の行きつけだ。

一緒に走るのは大学卒業後初めてだった。
お互い年齢を重ねている。
二十代のころの行き場のない余分な力をペダルに向ける余裕はなくなった。
のんびりトロトロ。
ストイックさだけでは続かない四十代。
おいしいものというエサがないと。

【休職日記】歩くこと、カロリーを減らすこと。

四月上旬に仕事を休職して以降、定期券が使えなくなった。
そのため、ちょっとの距離でも市バス・地下鉄を利用せず歩くようにして交通費を節約している。

我が家は名古屋市内でも比較的中心に位置するので、歩いたとしても中心部の栄まで一時間もかけずにたどり着くことができる。
太るのを予防するには、何はともあれ歩けばよい。
今日は、大須観音まで歩き、お参りしてから栄まで足を伸ばした。

矢場町のスタバでコーヒーブレイクしたあと、妻の実家に持って行くお酒を買いに今池へ。
地下鉄東山線に乗れば栄、新栄、千種、今池の近距離だけど、その距離を歩いて行くと結構時間がかかる。
普段行かない栄以東を歩いて、せっかくなので広小路通沿いにあるお店をチェックしながら今池の酒屋さんへ。
壱岐の焼酎と長野産のワインを購入したころには、さすがに歩き疲れていた。

平成最後の今日は一日雨の予報。
今池で昼食をとり最寄のJR駅である千種駅へ。
中央線に乗り隣の鶴舞駅で下車。
そこから歩いて大須商店街のスーパーで買い物をしてから家まで歩いた。
背中には一升瓶に入ったワインと四合瓶の焼酎。
その重さに耐えながら自宅まで歩ききった。

酒行軍の結果、携帯電話の万歩計によれば今日だけで二万千歩歩いている。
気のせいか、毎日、日本酒を飲んでカロリー過多なお腹が少しへこんでいた。

【休職日記】ともに過ごす時間。

今年のGWは十連休。

昨年まではGWといっても週休以外の休みはなかった。
それが当たり前だったから、とくに世間をうらやむことなく仕事をしていた。
だけど今年は違う。
僕は四月の頭から休職しているので世間が十連休であろうと、それほど気になることはない。

休職してからというもの、いままで味わうことのなかった楽しみとして、妻と一緒に出かけられることがある。
これまでは事前に休みを調整しておかないと休みが重なることはなかった。
年末年始以外で一緒に連休を、ということは滅多になく、一日休みが限度だった。
それが、気がつけばいま、妻の休みにはほぼ一緒に過ごせるようになった。

長年連れ添った夫婦なら一緒にいない時間も必要と思われるかもしれない。
だけど僕は結婚してすぐに職場の責任者となったから、休みを取っていても急な用件で出て行ったり、休みが半分なくなったりなんてことはしょっちゅうだった。
こうして一緒に時間を持てることは本当に貴重なのだ。

風の強い一日。
極力、交通機関を使わずにウオーキング主体で出かけることにした。
なかなか手に入らない壱岐焼酎を買った帰りに、おいしいと評判のインド料理のお店へ。
下町の商店街を巡り、地元系の和菓子屋さんと食材店を探索。
バスに乗って家の近くで降りると、最寄りのスーパーでクジラの刺身を買った。
家に到着してからは休憩と称して買ったばかりの焼酎で杯を重ねる。
それでもまだ外は明るい。

とくに高い買い物をしたわけでなく、贅沢をしたわけでもない。
たくさん歩いて、歩くことを堪能した一日だった。
いままで得られなかった、ともに過ごす時間を楽しんでいる。

【休職日記】硬貨の整理。

生活費を精算するときに出た小銭を箱のなかにためているのだが、いつの間にか硬貨が箱からあふれ出し、ふたが閉まらなくなった
面倒くさくてそのままにしていたけど、そうなったら整理のサインである。

浜松銘菓・治一郎のバームクーヘンが入っていた茶色の箱。
ふたがついており置き場にぴったり収まる大きさだ。

今回の整理の対象は五円玉と十円玉。
硬貨が詰まった箱を妻と一緒に居間に運んで、箱の中身を新聞を敷いた床に出していく。
そこから五円と十円を一枚ずつより分け箱に入れていくのだ。

崩しても崩しても一向に終わりが見えない硬貨の山。
指先が硬貨についた汚れで灰色になってくる。
トイレに立つときにはいったん手を洗う。
石けんでは落ちない汚れなので重曹を手にまぶしてごしごしこする。
硬貨って案外汚いものである。

すべての五円十円をより分けた次は硬貨の数をチェック。
持ち込む予定の銀行ではあらかじめ数を確認しておかないと受け付けてくれない。
箱に入った硬貨を十枚ずつ積み上げていく。
いちいち数えなくても同じ高さに積んでいけばよいので楽である。
しめて23500円なり。
ここまでですでに二時間が経過していた。

袋に詰めていざ銀行へ。
用紙に金額を記入して窓口に持ち込み待機していると、お呼びがかかった。
銀行の機械では23495円しかないという。
ちゃんと計算したはずなのに、マジかよ。
そんな気持ちが顔に出ていたのだろう。

すると窓口のお姉さん、これが混じっていました、と受け皿の上に置かれた一枚の硬貨を指さした。
一銭硬貨。
ギザつきだけど茶色がかったその色と大きさは五円にも十円に見えなくはない。

最後にそんな落ちがあるとは想像もつかなかったけど、五円と十円がなくなった我が家の硬貨入れ箱は、ふたも閉まるようになり、平穏を取り戻した。
カテゴリ
最近のコメント
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ