名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

若狭国

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・山都田神社。

山すそに広がる田んぼを横切り佐古集落へ。強風が体に吹きつけしんどいサイクリング。佐古の天神社を山都田神社とする考証があるみたいだが参考のよう。神社は防獣フェンス越しに鎮座。昼食時でひとの姿なく、入ってよいか声かけできず立ち去ることに。残念ながら写真なし。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・闇見神社。

注連縄と笹で飾られた鳥居をくぐり石段を上がる。梅花の紋を描いた幕が賽銭を入れられないくらい拝殿にぴっちり張られていた。代わりに闇見神社と若狭天神の提灯がともる本殿で参拝。周辺には八岐大蛇退治の伝承があるという。闇見とは出雲の古い国名だから、縁があるのかも。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・能登神社。

数年前、能登半島を訪ねた。タブノキが社叢や民家の庭に、またご神体にまつられたりと多彩。能登におけるタブノキに特別な意味を感じた。なぜ若狭で能登なのか。能登野という地名ゆえ? 祭神の大入杵命が能登国造の祖だから? それより参道にそびえるタブノキが立派だった。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・於世神社。

「式内社調査報告」於世神社の項。川中神社の写真を掲載するも於世・川中は別社と結論。それでも実際に訪ね、道路端に立つ鳥居をくぐる。背の高い木々に囲まれ鬱蒼とする小さな境内。でも何となく古社感には乏しい。奥には堂様の建物、なかをのぞくと基台上に流造の社が鎮座。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・彌美神社。

神社を目指し高速道路の橋脚の横を走り過ぎた瞬間、日向ぼっこしていたサルたちが慌てて逃げていき、ビックリ。山塊から突き出た舌状の丘に挟まれ鎮座する神社。境内に入ると正面の本殿が玉砂利上に浮上!? しかし地面と本殿の間には複数の柱。御大典記念事業で目下、工事中。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・宇波西神社。

遠くから見た神社は緑のなかに建物をはめ込んだように後背の山と一体化している。手水の傍らに羽根を広げた鵜!? と思いきや胴に注連縄が巻かれた鵜形。精巧に作られ、近づくと口から水が出る仕組みになっている。なるほど祭神の鵜葺草葺不合命にちなんで鵜なんだ、と納得。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・佐支神社。

若狭湾と久々子湖を結ぶコブのような二つの丘。神社が鎮座するのは湖側の寺山。出雲系の素戔嗚尊が祭神なのは日本海が近いからか。ただ神社自体はかつて別場所にあったそう。参拝後、階段を上がり頂きへ。秋葉小祠が海とともに、広がる田んぼと密集する家並みを見守っている。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・和爾部神社。

敦賀市内から関峠を越え美浜町に入ると丹後街道に合流。旧道の風情が残る町並から山側に向かうと鳥居が立ち、苔むした石段と重厚感ある拝殿に古社を感じる。社名から和爾氏の祖神をまつったであろう神社だが、後に勧請された日吉神社に庇を貸したら母屋を取られたという話。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・伊牟移神社。

若狭には胴回り樹高とも立派な木のある神社が多い。偶然だろうか、訪ねた神社の多くはそんな印象だ。遠くからも神社だと予想がつく消防署裏手の青々とした森。参道脇や本殿後方に太い幹のモチ、タブ、シイが並ぶ。見上げると密に重なる枝や葉の間から太陽が顔をのぞかせた。

【FATBIKE古社巡礼!】若狭國三方郡・御方神社。

旧街道の両側に立ち並ぶ朱色の常夜灯は神社が近い目印。石観音へ上がる参道、観音川にかかる橋のたもとに社名を刻む石柱がお出迎え。社名の御方は三方で、湖名であり郡名でもある。大社を想像するも実際はこぢんまりとした境内。手水では鶴と亀がなかよく水をかけ合っていた。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ