名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

熱田・フォレスト酒店

【熱田・フォレスト酒店】開栓の儀はなかったけど...喜楽長活性純米にごり生酒

R0022958

昨晩、妻が帰省していたので仕事終わりに外食しようかと考えていた。

でも待てよ、冷蔵庫のなかには前日に作ったものの残りや買ってきたものがあるので、無理に外食することもなさそうだ。
それならお酒を買ってこよう。

いつもは伏見にある酒屋で買うのだが、昨日は金山の成城石井へ。
先日別件で立ち寄ったときに目をつけたお酒があるのだ。

成城石井でお酒を買うのは初めて。
ワインの種類が豊富というイメージだけど日本酒もそこそこ置かれていて、ほかではあまりお目にかかれなかったり知らない銘柄のお酒が並んでいた。
福島の旅のときに買って飲んだことのある大七酒造の箱入り純米吟醸を手に取ろうとした瞬間、僕の目に飛び込んできたのが喜楽長のにごり酒。
先週なかったお酒だ。

緑色の瓶の肩に掛けられた「横置き厳禁」の赤い注意書き、そして栓には開栓時になかの炭酸ガスを抜くための小さな穴が空いており、期待をそそる。
開けるのに十分くらい時間がかかるけどそれも楽しみだ。
これにしよう! 

カバンのなかで横に倒れないように注意しながら帰宅。
喜び勇んでいざ開栓の儀...

しかし栓を開けてもなかの水位は一向に上がってこない。
簡単に空いてしまった。
残念...

でも美味しかったから一本まるごと飲んでしまった。

【熱田・フォレスト酒店】甘さが気になるお年頃...おたるナイヤガラ

R0022954

翌日が休みだったり出勤がいつもよりゆっくりだったりすると、連動して晩酌の量も多めになる。

昨晩、嫌な仕事が終わりホッとしたこともあって、夕食後にもう一本ワインを飲もうかということになった。
すでに昨日の残りのボトル半分を空けていたのに...
酒飲み夫婦である。

我が家のマンション一階部分にはスーパーが入っているので、突発的に飲みたくなった場合、閉店時間の午後十時までは買いに行ける。
まさに自宅外冷蔵庫。

最近はワインの扱いが多くなり嬉しい限りだが、わざわざ酒蔵まで買いに出かける日本酒と違って、ワインのことはよく分からない。
分からないだけに「飲めればよい」的な感覚でもあり、つい最近まではサイゼリヤのワインが一番好きだったくらいだ。

しかし転機はやってきた。
義理の両親から贈られた山形産の甘口ワインのうまさに気づいた。
それ以来、甘めのワインを探すようになり見つけたのが北海道ワインの「おたるナイヤガラ」
千円を超えるので千ベロとはいかないが、甘ったるくなくすっきりとした味わいにはまった。

四十代も半ばになるといろいろと辛いことが多くなる。
「辛い(つらい)」は「辛い(からい)」とも読めるではないか。
だからせめて大好きなお酒くらいは甘くないと。
「おこちゃま」といわれようが、日本酒もワインも甘口が好きになった四十代半ばの僕ちゃん。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ