名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

神前神社

【FATBIKE古社巡礼!】讃岐國寒川郡・神前神社。

讃岐路を走っていて気づくこと、それはうどん屋の多さである。
事前に耳にしていて知識としてうどん屋が多いことは知っていた。
でも実際にFATBIKEで走っていると本当に多い。

町なかだけでなく町を抜け明らかに田舎的な場所にも。
香川のうどん事情に疎い僕には、えっ、こんなところにあって大丈夫なの? 
首を傾げたくなるような辺鄙な場所にあったりするのだが、心配は無用なようだ。
なぜならそんなお店に限って店の前には多くの車が駐まっているし、地元香川に混じって他県ナンバーも見受けられるからである。

そこまで高いうどん熱を最初は想像できなかった。
我が故郷名古屋もきしめんが名物だけど、名古屋市内できしめん屋を探すことはそれほど容易ではなく、また立て続けにきしめん屋を目にすることはまずないと断言していいのではないか。
うどんからきしめんに話題が移ったところで本題に入ろう。

神前神社の論社である男山神社。
ちょうど昼時に訪れたのだが、神社の隣のうどん屋の駐車場には車があふれていた。
帰りに寄ろうと思ったけど参拝後、車のあふれ具合を見て断念。
余程の人気店なのだろう。

男山神社は神前神社と目される三社の論社のなかでは一番大きい印象だった。
「式内社調査報告」をもとに敷地を比較すると、神前神社223坪、春日神社1,644坪、男山神社5,968坪と前記二社を圧倒している。

社名が刻まれた自然石の前で記念撮影して、鳥居をくぐり境内に向かう。
参道を歩くと両脇には寄付者の芳名が書かれた常夜灯が立ち並び境内へと導いているが、その数も三社のうちで群を抜いている。
二の鳥居と隋神門、そして注連柱をくぐり抜けると正面には破風が前にせり出した瓦屋根の拝殿が威風堂々とした姿で参拝者を迎えていた。

入口の鳥居から拝殿まで135歩、まずは参拝。
裏手に回り流造の本殿を拝み再び拝殿前に戻ろうとすると、一本の木が目についた。
注連縄が巻かれた木は立ち枯れしているように見えるが、当社の神木とのことだ。

延喜七年四月二十八日、創祀のとき、京都男山の地から一夜にして舞いおりたとも、宝善寺住職が中国の唐から白檀樹の苗を持ち帰ったとも言い伝えられている、と説明に書かれている。
樹種は分からないということだが、この神木が当社の社名と結びつく物語を持つことは明らかなようだ。
「延喜式」の編纂と同じ時期に神木となったその木、年月を表面は乾燥して無数の皺が刻まれていた。

【FATBIKE古社巡礼!】讃岐國寒川郡・神前神社。

香川で古社巡礼を始めた当日、神前神社の論社である三社を巡った。
そのうちの一社である春日神社。

田んぼと民家を横目に走り途中、橋を渡ってしばらく行くと突き当たりに「春日温泉」という温泉施設があるが、神社はそのすぐ隣に鎮座する。

FATBIKEをとめて境内に入った。
鳥居をくぐって石段を上がると、「春日神社御宝前」と染め抜かれた紺色の幟が立っていた。
最近、祭礼があったような雰囲気だ。
拝殿まで90歩、まずは参拝。
広前はきれいに掃除されていてすっきりとしていた。

FATBIKEをとめた鳥居の前に「10社ウオーク」と書かれた看板が立っており、その一番目が春日神社のようだ。
境内には「10社ウオーク」の立ち寄り場所のひとつとして春日神社の説明が書かれていた。

「鎌倉時代、神前庄が奈良・平安時代に権勢を誇った藤原氏の氏寺、興福寺領であったため藤原氏の氏神をまつった奈良県春日大社の神霊を勧請したと考えられています」

建物は平成二十五年に改築されており、本殿は拝殿と一体化した覆いに覆われていて外からは見られない構造になっていた。

【FATBIKE古社巡礼!】讃岐國寒川郡・神前神社。

JR高徳線神前駅周辺に神前神社の論社といわれる神社が三社存在する。
神前神社と春日神社、男山神社の三社。
なかでもゆいいつ式内社と同名なのが神前神社である。

神社の場所は神前駅北側の学校近く。
平野に鎮座する神社で南側にある鳥居をくぐり正面の拝殿まで45歩、まずは参拝。

左右の注連柱には「式内二十四社」「神前大明神」と刻まれており、拝殿の軒には「奉献式内讃岐国二十四神社名額」と題して二十四の式内社の一覧が掲載されている。
神前神社と同じく寒川郡の志多張神社を筆頭に、布勢神社、神前神社、多和神社、大蓑彦神社と続く。

お参りしてから境内を歩いてみると、拝殿に向かって左側に興味深い石像がまつられていた。
「神前神社の石仏」といわれるその石像は二体で、下半身はコンクリート台座に埋められていて、現在は上半身のみが台座から露出している。
傍らに立てられた説明によれば神像とされ、顔面の鼻のあたりが膨らんでいることから当社祭神の猿田彦尊ではないかといわれている。
その説を補うように説明で引用している「旧神崎村八幡宮并末社由来張」には「具名登二社」と記され、近所では「おふなとさん」と呼ばれているそうだ。
「具名登」は「久那土」=「岐」、つまり道祖神と考えられる。
祭神の猿田彦尊も道祖神と関連があることから神像の正体とされるのだろう。

以前、各地に道祖神を訪ねたことがあったけど、道祖神自体は信州や甲州といった日本列島の東側に存するものと思いきや、四国にも同じような神格を持つ石像が存在するので驚いた。
石像以外にも本殿の周りには小祠がまつられている。
本殿向かって右側の小祠の内部にはお札はなく、開いた扉からなかをのぞくと丸石が収められていた。
また入口の鳥居をくぐってすぐ左手にも同じように丸石が収められ注連縄が張られた石祠が見られた。

境内自体はそれほど広くはない。
僕が境内にいると置きっぱなしになっていたプロパンガスを業者らしきひとが引き取りにきた。
数日前に祭礼があったようだ。

【FATBIKE古社巡礼!】近江國伊香郡・神前神社

170828神前神社1

高時小学校近辺で現在の場所を把握しようと持参した地図を広げた。

高時川沿いに走ってきたし、近くには小学校という絶好のランドマークがある。
にも関わらず、地図の読み方を間違えてトンチンカンな場所に向かって走り行き止まり。
今度はグーグルマップを立ち上げて現在地を確認、神前神社が鎮座する石道の集落はまだまだ先だった。
相変らずかんじんなところで地図が読めず苦労する。

十一面観音像で有名な古刹、石道寺で有名な石道の集落を入っていく。
FATBIKEを標柱の横にとめておき、石段を上がって鳥居をくぐった。
拝殿までは115歩。
さらに本殿前に回り込んで参拝。

本殿よりも拝殿の方が古そうで歴史を感じさせる造りのようだが、建物よりも気になったのは拝殿の土台下の砂地に並んだアリジゴクの巣。

すり鉢状に空いた穴は一見単なる穴に見える。
しかしアリがその穴に入るとはい上がろうとするたびに斜面の砂を崩してアリを下に下にと引きずり込むのだ。

最近目にすることがないアリジゴクの巣に心奪われた。
拝殿の横に座ってじっと観察するおっさん。

僕が神社にいる間だれも来なかったから、この姿をだれにも見られなくてよかった。

写真は滋賀県長浜市。

170828神前神社3

【FATBIKE古社巡礼!】伊勢國度會郡・神前神社

170526神前神社1

「えっ、行き止まり?」

神前神社の所在を示す地図記号の場所を見ながら山側にペダルを漕いだ。
住宅街を越えると山の方に入っていく道があるものの、突き当たりにはなぜかペット用の火葬場。

まさか神社のある山の麓に火葬場はないだろう。
そう思いいったん引き返して別のルートを探したけど、見当たらなかった。
もう一度火葬場のある場所へ戻りよく見ると先に細い道が。
FATBIKEを押すよりも乗った方が早い山道である。

狭い道を登っていくと前方に神宮司庁の立て札が見えてきた。
石段は頂上に続いており、束の間の登山である。

朝もやがかかる山道。
朝とはいえひとの気配のない薄暗い道を上がるのは勇気がいる。
しかも蚊やブヨの群れが常に刺してやろうといわんばかりに、僕の体を飛び回り離れようとしない。

神社は山の頂きの開けた場所に鎮まっていた。
木製の鳥居と板塀に囲まれた社殿は他の神宮摂社と変わらない。
まずは参拝。

周囲を木々が生い茂っているため海は見られないが、神社は伊勢湾を向いた峰にある。
海に近い場所なのに、急いで登った疲れで波の音を聞く余裕もなかった。

写真は三重県伊勢市。

170526神前神社5
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ