名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

銅鐸

【旅の空から】“中根銅鐸”に会いにいく旅 その八

中根銅鐸が地元から消えるきっかけとなった金銭を巡るトラブル。

「新修名古屋市史」には当時、愛知県史蹟名勝天然記念物調査会主事であった小栗鉄次郎による関係者への聞き取りが記されている。

丹羽利吉の長男は当時のこととしてこう回想している。
・自分の家で二日間開帳して鐸を見せ賽銭九十六文上がった。
・粂三郎宅でも開帳した。
・総代が仲に入って郷倉に預け長持に入れて錠を下ろし鍵を粂三郎が保管していた。
・粂三郎は仲間とかたらって鐸を一つ撞くと一銭といって金儲けをした。

一方、粂三郎の娘は「世間でやかましくいうので御器所の新助という人と父と二人で白木綿で巻いて荷って、別院に持っていったが再び戻らなかった」と語っている。

発見者である二人は互いの家で銅鐸を開帳しあい賽銭という名の利益をあげた。
その後も金儲けが続き銅鐸は地域のトラブルメーカーになってしまったため、解決策として東別院への寄付を考えた。
当時の時代状況を考えると妥当なことだったのかもしれない。

【旅の空から】“中根銅鐸”に会いにいく旅 その七

里道工事の最中に丹羽利吉と小川粂三郎によって掘り出された銅鐸は地区の総代、小川幸七によって役所に届けられたものの、地元に下げ渡されたとは前回書いた通りである。

「市史」によれば再び地元に戻ってきた銅鐸は初めは丹羽宅に次に小川宅に、その後は郷倉内に保管先を移したという。

普段は郷倉のなかに納められた銅鐸は「宝鐸如来」としてまつられ、発見日である二月二十七日に公開されることになる。
年に一回の公開日以外には郷倉に納めてあったので見ることができなかったわけだ。

明治七年、現在の東別院で開催された博覧会に宝鐸として出展された。
そしてなぜかその後、東別院に寄付された銅鐸は本山に渡り名古屋から消えてしまった。

地元にあったのはほんの数年。
しかしなぜ消えたのか。

「地元から東本願寺名古屋別院へと移っていった背景には、開帳による賽銭をめぐって地元に何らかの混乱が生じていたことも影響していたのではないか」

消えた理由に金銭がらみの混乱があったことを「市史」は書いている。

【旅の空から】“中根銅鐸”に会いにいく旅 その四

「新修名古屋市史」には市内各地の遺跡の説明に加え、別枠で名古屋の銅鐸を紹介するページがあった。
ここでは名古屋市内で出土された銅鐸及び銅鐸鋳型について出土時の状況や特長などが説明されている。

とはいえ完全な形で出土した銅鐸は二体、うち一体が中根銅鐸で、もう一体は「伝名古屋城濠銅鐸」という長い名前の銅鐸である。

しかし二体とも考古学者の発掘調査をへて出土したものではない。
とくに後者は鐸名に「伝」と冠がついているだけに発見の時期と経緯については不明である。

さて目的の中根銅鐸については結構な分量を割いて説明している。
ざっと目を通してみると僕が知りたい、名古屋になくて兵庫県に存在する理由も書かれていた。
しかしその内容は正直、えっと思わずにいられないものだ。

中根銅鐸が発見されたのは明治三年二月二十七日、つまり江戸時代が終わり維新をへて明治という新時代に入って間もない時期だ。
そのころ、僕の地元では銅鐸を通して、いや銅鐸が出たことが“事件”となってしまったのである。

【旅の空から】“中根銅鐸” に会いにいく旅 その二

銅鐸の出た中根学区に住みながら、本物の中根銅鐸を今まで一度も見たことがなかった。

かすかな記憶だけど、小学校卒業前、校長先生にあいさつするため校長室を訪れたことがあった。
校長室に入るとケースに入れられた銅鐸が展示してあった。
僕のイメージと違い案外と小さなものだったが、銅鐸に釘付けだった。
やはり大切な銅鐸だけに校長先生が保管するんだ、と思ったものである。
しかし校長先生からは「これは本物じゃないよ」といわれ残念な気がした。

さらに後日知ったことだが、体育館の壁面に飾られた銅鐸は本物から鋳型を取って作られたレプリカなんだそうだ。

その後、地元から出た出土品なら博物館にあるはずだと何度か名古屋市博物館にも行ったが、そこにも本物は展示されていないし、また見た記憶もない。
学区から出土したにもかかわらず地元にないなんて、一体いまどこに…

現在の所在地についても公民館前の説明板にこう書かれている。

「現在、兵庫県辰馬考古資料館が所蔵し、国の重要文化財に指定されている」

なんでまた兵庫県にあるんだろう。
何か事情があったに違いないが...
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ