名古屋発! 町の神さま考

FATBIKEで巡る古社巡礼の旅...

FATBIKE古社巡礼!

【FATBIKE古社巡礼!】美濃國多藝郡・大神神社。

養老・鈴鹿両山脈に挟まれた谷筋を南へ。牧田川を渡り高台に上がると伊勢街道沿いの境内には太い幹のスギが天を突く。車の音は届かず耳には手水を流れる水の音のみ。古代、西濃に広がった三輪族の一派がここに拠点を構えたか。立ち寄ったコンビニの店員さんは三輪さんだった。

【FATBIKE古社巡礼!】美濃國多藝郡・多伎神社。

氏子さんにもらった略記には江戸時代当時の大墳村という村名が記されている。大墳とは古墳を指しており、その古墳とは本殿真裏にある円墳のこと。位置的にも祭神と被葬者とは関係が深そう。いまでは境内にひっそり佇む古墳も、平野に一際目立つ存在だった時代があったようだ。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國磐田郡・鹿苑神社。

社名から奈良公園のように鹿でもいそうなイメージだが磐田駅南側に鎮座する神社には鹿を感じさせるものはない。祭神も鹿関連で春日神社の神を想像したけど大己貴命、出雲の神である。境内のマツが強風に揺れる。先に参拝していた女性にあいさつすると「風が強い!」との返事。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國長上郡・子倉神社。

直立した社叢林に囲まれた境内。石段に座って耳を澄ます。キツツキが木の幹をつつき、向かい側の山の斜面でおじいさんが地面を掘り、遠くでカラスが鳴いている。静かである。立派な鳥居と標柱が立つものの神社は山のなかに隠れ外側からその位置は分からない。近くに古墳群も。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國長上郡・子倉神社。

子倉神社の論社である子安神社を訪ねたのは風の強い日の夕方。境内に入ると背の高いマツが強風にあおられ胴をしならせていた。なぜ子安神社が子倉神社なのか、由緒では明らかにされていない。本来は安産祈願の神で、男児が生まれれば鎌を、女児なら柄杓が描かれた絵馬を奉納。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國山名郡・郡邊神社。

境内では豊かな社叢のなかで一本杉がとくに目立つ。注連縄が巻かれた神木で神の降臨を促すアンテナの如し。郡邊神社の論社とされる冨士浅間宮。由緒に式内社云々はないものの、桃山期建立、桧皮葺流造の本殿が目を引く。背後に茂る木々と溶け合う姿に感じる凛々しさと美しさ。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國山名郡・郡邊神社。

袋井駅南側の丘陵地に赤尾澁垂郡邊神社は鎮座。養老元年に遠江國造の神霊をまつったとされる。参拝後、拝殿右の小道を上がっていくと丘の頂きに小祠がまつられていた。神廟? ただし郡邊神社自体は明治期に他から合祀されたから、この場所や國造云々とは直接関係なさそうだ。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國山名郡・許禰神社。

秋葉街道に面した境内に入り目についたのは正面の石碑。「天下和平不生禍乱」戦国時代、敗走中の徳川家康は三倉村民に助けられ、礼として与えた自筆の短冊の文字だそうだ。注連縄を巻かれたムクの巨木に頭を下げ拝殿まで歩く。雨上がりの境内は水気を含みしっとりとしていた。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國山名郡・山名神社。

北遠の山並みを南に下る。山梨という地名に鎮座するだけに語感から式内山名神社と結びつけられたようだ。鳥居をくぐり境内に入るとクスノキの神木向かい側に提灯に明かりを灯した「おしゃもっ様」という小さな祠があった。オシャクジといわれる道祖神に近い神が鎮座まします。

【FATBIKE古社巡礼!】遠江國山名郡・山名神社。

強い日差しを背に太田川を渡ると前方に玉垣と社叢林が現れた。縦に長い境内の入口鳥居と拝殿との中間辺りに建つ舞楽殿。手を合わせて横手から本殿を拝見すると、彩色された本殿の朱のハゲ具合に古さを感じた。建立は享保十七年。鳥居前につるされた「定書」も同じ年のものだ。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
ライブドア 天気
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ